iPhoneで自分撮りするなら。Bluetooth Remote Shutterがオススメ。

もっと早く知っておけばよかったです。。

20161022

ある宿題に焦る…

「普段お仕事されてきるときの写真をいくつか提出してください」

あるイベントに参加するにあたり、
最近、そんな宿題を頂きました。


でも、今は
ひとりで
税理士事務所と会社
を運営しています。


普段、仕事しているときの
写真を撮ることもないですし、
誰かに撮ってもらうことも
ありません。


普段の仕事をしているときの
写真ってないんですよね。。


なので、焦りました。。

リモートシャッターを使うと便利

焦るものの写真がないのは
事実なので写真を集めないといけません。


とはいえ、
わざわざ時間を割いてもらって
誰かに頼むほどでもないかと。


で、たまたま見つけたのが
こちら。


iPhoneやAndroid対応の
リモートシャッターです。

あらかじめiPhoneのカメラを
立ち上げておけば、
あとこのリモートシャッター
のボタンを押すだけ。


これで離れたiPhoneの
シャッターを押してくれるんてす。


ひとりで仕事している様子の
写真も撮れますね。


おかげで無事、写真提出の
宿題も間に合いました。

リモートシャッターのポイント

このリモートシャッターの
ポイントです。

三脚と一緒に使うと便利!

リモートシャッターを
活用するために
必要なものは三脚です。


iPhoneやスマホを
適切な高さのところで
固定しておくといいですね。

タイマー機能より便利

iPhoneのカメラには
タイマー機能がありますよね。


セットをすれば
10秒後にシャッターが
下りるというもの。


記念撮影なんかに
使いますよね。


タイマー機能は撮影の都度、
セットしないといけませんが、
リモートシャッターなら
好きなタイミングで
何度でもシャッターを
切ることができます。


iPhoneを触ることなく
何度でも、連写でも
写真を撮ることができますね。

価格が安い

このリモートシャッター
本体の価格は400円以下です。


安い!

設定もカンタン

設定もカンタンです。


リモートシャッターの
スイッチをオンにする。


iPhone側で
Bluetoothの設定を
オンにして
リモートシャッターを
接続させる。


たったこれだけ、
カンタンですよね。


その後は
iPhoneのカメラを立ち上げて
リモートシャッターの電源を
ボタンを押すだけです。

まとめ

リモートシャッターを使うと
写真の幅も広がりますよ。

【編集後記】

このリモートシャッター、
iPhoneでの動画撮影の
スタート、ストップにも
対応しています。


セミナーやスピーチ、
プレゼンの動画を
自撮りするときにも
便利ですよ^^)

【昨日の1日1新】

・オフィスワン四条烏丸でセミナー開催

【昨日の1日1捨】

・着なくなった服

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>