Excelのジャンプ機能で図形(オブジェクト)の一括削除が簡単にできます

一度作ったExcelの資料を再利用する際、
図形(オブジェクト)を多く使っていると削除するのが面倒でした。

WS000126



Excelでの図形(オブジェクト)の一括削除はジャンプ機能で

Excelで資料を作成するときに一度作ったものを再利用することはよくありますよね。

再利用するExcelで余分な図形(オブジェクト)が数多く入っていると、これまでは、いくつかの図形を「Shift」キーを押しながらマウスで選択して削除する工程、を繰り返していました。

図形(オブジェクト)のある行や列を削除しても、図形(オブジェクト)だけ残ってしまうので図形(オブジェクト)を削除する必要があります。

この作業をもっと早くできないかと調べてみるとありました。

Excelの「ジャンプ機能」を使うと図形(オブジェクト)の一括削除も簡単にできるんです。

ジャンプ機能を使った図形(オブジェクト)の削除方法

Excel2013での操作方法になります。

1. メニュー「ホーム」-「検索と選択」から「ジャンプ」を選択

WS000127

2. 「セル選択」をクリック

WS000122

3. 「オブジェクト」を選択して「OK」を押す

WS000123

4.  「Delete」キーで一括削除する

すべての図形(オブジェクト)が削除された状態になりますので、「Delete」を押すだけで一括削除ができます。

WS000125

残したい図形(オブジェクト)があれば、「Ctrl」キーを押しならその図形(オブジェクト)をクリックすれば選択を解除できます。

まとめ

Excelの図形(オブジェクト)の一括削除は「ジャンプ機能」を使うと早くなります。

「Shift」キーを押しながらマウスで選択する方法からは卒業しましょう。

——————————————————————–

【編集後記】

これまで何年もExcelを使ってきたのに
「ジャンプ」機能を初めて知りました(^^;

図形(オブジェクト)の一括削除以外にも
活用できる場面があるか確認しておきたいですね。

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>