ITにチャレンジする理由。利益アップにつなげるため。

新しいもの好きだからではありません。

20180213

ITはいろいろ試します

経理業務に関連するITサービス
っていろいろあります。

会計だけでなく、給与計算や勤怠管理、
グループウェアやメッセージツール、
スケジュールや請求書の作成など・・・。

自分の業務に
直接関係あるものもあれば、
関係のないものもあります。

それでもまずは
自ら試してみた上で
お客様への情報提供だったり
提案をするようにしているんです。

そんなことを繰り返すことで
税理士事務所側、お客様側双方の
業務も省力化されていきます。

私の方はいろんなITサービスを
利用したり、試しているので、
本当に省力化できているかは
疑問ですが・・・。

最近はクラウド型のタイムカード
仕組みに取り組んでいて、
近々お客様のところでも導入
があるかもしれません。

ITにチャレンジする理由。お客さまの利益アップにつなげるため。

ITにチャレンジすることで
現在の業務の問題点を実感したり、
新たなサービスを体感することが
できるんです。

二度手間になっている業務を
解決できる手段が浮かんだり、
今まで手作業でやっていたことを
自動化できたり、
計算ミスが発生していたことを
無くすことができたり。

ITにチャレンジするからこそ
こういったことにつながりますし、
生産性が上がったり、
仕事時間の短縮を
実現できますよね、

実際にこんな事例もあります。

クラウド型の会計ソフトを使うことで
会社が大きくなっても経理をする社員を
採用せず、社長自身が経理をし続けている。

給与計算を
手計算やExcelから脱却して
クラウド型の給与計算ソフト
を使うことで、
社員が増えても自社内で
給与計算を完結している。

これらの事例だと、
確実に企業の利益アップに
つながりますよね。

何もしなければ人件費が増えて
利益を圧迫する
なんてことを回避できるんです。

つまり、
ITにチャレンジすることが
利益アップにつながるわけです。

まとめ

新しいITサービスを試して、導入する。

人は変化を嫌うので、
新しいこと、最初に手間が掛かること
を避けてしまうところがあります。

けれど、
ITにチャレンジすることで
利益アップにつながる、
そんな意識を持てれば
どうでしょうか。

ITにチャレンジすることなく、
事務的な仕事を
社員を増やして対応しようと考える。

それとも
ITにチャレンジして事務的な仕事は
なるべく減らして利益をアップ
させようと考えるか。

どちらを選択しますか。

【編集後記】

今日は息子たちのリクエストに
応えて京都鉄道博物館へ。

2ヶ月に1回ぐらいの頻度で
訪れていますが、
毎回、新たな企画があるので
飽きずに済みますね^^

今はエヴァンゲリオンと新幹線の
コラボの展示をやってましたよ^^

【昨日の1日1新】

・京都鉄道博物館 500 TYPE  EVA展

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村