細かいトゲを取ること!Macのカーソル移動の速さも変えてみる!

こまめに取っていきましょう。


MacとWindowsを併用して分かったこと

今仕事用のPCとして
MacBookProとWindowsを
併用しています。

2台を併用することで、
いろいろ気付くことが
ありますね。

例えば、
←→↑↓(矢印キー)を押したときに
カーソル(画面上の矢印とか場所を
指定しているもの)の動く速さ。

矢印キーを押しっぱなしにした場合、
Windowsだと、
サァーとスムーズに動くのに、
MacBookProだと
カクカク、と思うように
動かなかったんです。

マウスを使わずにPCを
操作することが多いので
このカーソルが移動する速さも
PC操作の早さに直結しますね。

Macのカーソル移動の速さを変えてみましょう!

カクカクとした動かなかった
Macのカーソル移動の速さですが、
変更することができます。

「システム環境設定」ー「キーボード」
を開いて、
「キーのリピート」を「速く」に変更
「リピート入力認識までの時間」を「短い」
に変更してみましょう。

Macで矢印キーを押しっぱなしにした
ときの速さも速くなり、
個人的にはストレスがなくなりました。

もっと速くしたいという方向けには
フリーソフトなんかもあるようですが、
今のところ、これで充分です。

細かいトゲを取ること!

Macの矢印キーを押したときの
カーソル移動の早さを調整すること。

ちょっとしたことですが、
するとしないとで大違いです。

PC操作のストレスが減って、
仕事の早さにも直結しますしね。

こういった細かいトゲを取ること
って意外と大切です。

仕事においても同じです。

お客さまや社内の人間、
提携関係の方など、
誰かと仕事をする際に、
ちょっとした違和感を
感じることありませんか?

その時に、
その違和感を放っておいたら
どうでしょうか?

時間が経つと、不信感や不満に
つながりかねませんよね。

ちょっとした違和感を
感じたときに、
細かいトゲだけど取っておこう、
と動いてしまうことです。

細かいトゲのうちの方が
対処も早くすみますしね。


【編集後記】
PC2台を併用して仕事すると
効率がいいですね。

何かソフトをインストールしていて
1台のPCが止まっていても
別のPCで作業ができて便利です。

必要なデータもSugarSyncを使って、
インターネットから
どちらのPCからでも取り出せるので
ストレスがないですね。

【1日1新】
・Mindnode2

【1日1捨】
・事務所にある不要書類

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>