経理をシンプルに。混ぜない、減らす、意味づける。

クラウド会計を活用するコツにもなります。

20180218

検証するために複雑になっています

クラウド会計ソフトを使う理由は
こんなところにあります。

ネットバンキングや
クレジットカードの明細や、
請求書システムのデータ
を取り込み、
経理をより簡単に、
より早く済ませる。

なので、お客様にも
クラウド会計ソフトの利用を
オススメしていますし、
自分の事務所、会社の経理も
クラウド会計を使っています。

ほとんどのお客様には
クラウド会計ソフトを使って
頂いて経理に掛ける時間を
年々減らして頂くことに
取り組んでます。

ですが、
自分の事務所の経理に関しては
少し話が変わります。

クラウド会計ソフトの検証、
も兼ねているので、
ネットバンキングや
クレジットカード以外にも
いろんなサービスを連携させて
います。

おかげで少々、複雑な経理に
なってしまいました・・・。

まだ、自分の確定申告も
終わっておらず・・・。

経理をシンプルに。混ぜない、減らす、意味づける。

自分の事務所の経理を
複雑にしながらも
いろいろと検証したので、
クラウド会計を活用した
効率的な経理の方法も
分かってきました。

考え方は、

経理をシンプルに。混ぜない、減らす、意味づける。

です。

大前提は

経理をシンプルにしましょう、

ということ。

自分以外の他の人にも
経理をしてもらえるぐらい
シンプルにした方がいいです。

ポイントは次の3つです。

混ぜない

会社や事業のお金やクレジットカード
での支払に経営者の個人的な内容を
混ぜないことです。

クラウド会計がネットバンキングや
クレジットカードの内容を自動で
取り込んだ後に、個人的な内容か
どうかを判断する手間は省けた
方がいいですよね。

例えば、
Amazonから直接、買い物データを連携しても、
仕事とプライベートの両方の買い物をしている
といちいち仕分けが必要になるわけです。

減らす

会社や事業で使う銀行口座やクレジット
カードも最低限の数に絞りましょう。

1つ1つの口座やクレジットカードでの
取引は少ないのに、
口座の数やクレジットカードの数が
多いとそれだけ手間が掛かってしまいます。

現金を扱うことも
減らしましょう。

ちょっとした買い物であれば
経営者や社員さんが自分のお金で
立て替えて購入する。

その精算は次の給与と一緒に銀行振込
とすれば現金を使うことも無くすことが
できます。

毎月、毎日、現金を数える仕事も
できる限り無くしてしまいましょう。

意味づける

銀行口座やクレジットカードごとに
意味づけをすることです。

銀行口座であれば、
店舗や部門ごと、
売上金の入金専用と経費に支払い用
といった用途別に分ける。

クレジットカードも
Aカードは社長用
Bカードは営業部用
などと分けておきます。

そうすることで
クラウド会計ソフトで
それぞれのデータを取り込んだ後の
登録作業がとても楽になるんです。

まとめ

経理をシンプルにする理由は
間違いや修正を減らし
経理に時間を掛けないように
するためです。

経理の作業に時間を掛けるのではなく、
会社や事業の数字を把握して
経営に活かす環境作りが
できればどうでしょうか。

クラウド会計ソフトを上手く活用
することで、
人手の少ない中小企業、個人事業でも
人も時間をなるべくかけずに
数字に基づく経営を目指しましょう。

【編集後記】

昨年の途中から仕事用の買い物は
Amazonではなく
AmazonBusinessを利用するように
しています。

これまでは
クラウド会計に入ってきた
Amazonのデータに、
洗剤やおむつの購入情報も入ってきて
仕分けの手間がありましたが、
今後はスッキリするはずです(^^;

【昨日の1日1新】
・オーディオブックサイト FeBe

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村