広告宣伝費の効果は金額に比例しない。大切なのは誰に伝えたいか。

無駄な広告宣伝費を使わないように。

20180302

お金を払ったこともありましたが・・・

独立当初、業績もまだまだ
というときに利用してみた
ことがあるんです。。

お金を払うことで
税理士を探しているお客様が
集まるサイトにアクセスできて、
見積もりを提示できたり
するという仕組み。

いわゆる税理士紹介会社、
というところです。

利用しないと思っていたけど、
どんなところかも知りたかったし、
業績もまだまだで悩んだ末、
利用してみました。

で、そこからお客様との
契約ができたかというと、
全くできませんでした。

1ヶ月分の料金で2ヶ月ほど
利用できたんですけど。

ただ、
どういうお客様が
利用しているのかも
分かりましたし、
税理士の顧問契約の
相場も分かったので
いい勉強になりましたね。

広告宣伝費の効果は金額に比例しない

先日もあるところで
広告宣伝費の話題となりました。

複数社に広告宣伝を
依頼しているけど、
金額が高いからといって
それだけ売上につながるか
というとそうでもない。

私の例でもそうですけど、

広告宣伝費の効果って金額には比例しない

と感じてます。

もちろん、
お金を掛けてネット上に
大量の広告を流すことが
効果がないかというと、
一定の効果があって
売上にもつながるかも
しれません。

でも、
こちらが望んでいるお客様に
来てもらえるかというと
そうとは限りませんよね。

ネット上のサイトから
価格だけを目当てに
来てもらうより、
自社を知って頂いてる方の
紹介や口コミ
で来て頂くことの方が嬉しい。

税理士の場合でも
ネットから来て頂くにしても
集客のサイトからより
ブログやHPを
見てもらった方が
お互いにとっていい関係に
なりやすいです。

大切なことは誰に伝えたいか

広告宣伝費にお金を掛けたから
といって本当の意味での効果に
つながるとは限りません。

本当に大切なのは
自分や自社が
提供しているサービスを
誰に伝えたいか、
知ってもらいたいか
ということ。

これが決まると
広告宣伝のお金を掛けなくても
できることの選択肢は
広がります。

こうしてブログを書くコトも
誰かに直接会って接するコトも
広告宣伝ですよね。

【編集後記】

昨日あるお客様のところで
クラウド会計ソフトの
操作説明を行いました。

これで顧問契約をしているお客様の
会計は全てクラウド型の会計ソフト
となりました(^^)

あとはお客様側、税理士事務所側
双方の業務を効率化していくのみ。

生み出した時間で新たなことが
できるようにしていきたいですね(^^)

【昨日の1日1新】
・Dropboxの特定フォルダをお客様と共有

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村