古いからこそ新しいを取り入れること

変化しないことが古いことでは

20171010_0

古い小学校をリノベーション

昨日は京丹波町にある
とある小学校に行ってきました。

とある小学校とは
「旧質美小学校」
という廃校になった学校です。

20171010_1

ですが、今は
「質美笑楽講(しつみしょうがっこう)」
としてリノベーションされ、

20171010_2

絵本のショップ、図書館、
窯焼きピザのカフェ、
ケーキカフェ、
おかきのお店、
アンティークショップ
などが集まり
人気スポットになっていました。

20171010_3

古いからこそ新しいを入れること

古いからこそ新しいを取り入れること

質美笑楽講を訪れてみて
改めて感じたことです。

子供の数が減少して
廃校になった小学校。

古くなってそのままに
しておくのではなく、
リノベーションして
お店を集め新しいスポット
に生まれ変わる。

そうすることで
古い校舎や学校の雰囲気も
魅力あるものに生まれ変わります。

実際に質美笑楽講は
SNSにアップしたくなる
スポットになっていて、
私も思わずアップしていました(^^;

20171010_4

京都に住んでいると
廃校になった学校を
跡地利用する例や
伝統産業に関わる企業が
これまでにない取り組み
をしているケースを
よく見かけます。

古くからあるやり方やモノを
そのまま守るのではなく、
「新しい」ものを取り入れる
変化を続けるからこそ
魅力があるモノ、場所、企業
に進化するんじゃないでしょうか。

新しいを取り入れ変化を続ける

「税理士の仕事」だって同じです。

請求書や領収書を預かって
お客様の代わりに記帳代行
する仕事、
年に一回税金の書類を作成
するだけの係わり方、
といった古くからある仕事。

お客様の立場からすると
その仕事に対する魅力は
下がっているといえます。

だからこそ「新しい」を
取り入れ変化を続ける姿勢が
必要だと考えています。

ITを取り入れ、業務を見直すことで
経理をもっと省力化する。

経営者や従業員さんとの係わりを
増やして、
理想の経営に近づけるような
サポートをする。

それによって税理士の仕事の
魅力も変わってくるはずです。

「変化をする姿勢」
があるかないかは大きな違いに
なりますよね。

まとめ

昔からある古いものでも
変化を続けることで
新しいものに生まれ変わったり
その魅力が高まることに
つながります。

変化を続ける姿勢を
忘れないようにしたい
ものですね。

【編集後記】

質美笑楽講 の窯焼きピザの
お店はとても人気で
待ち時間も長かったのですが、
同じ校内にある絵本の図書館が
あったことで子供も退屈せず
待つことができました。

20171010_99

機会があればまた訪れたい
場所です^^

【昨日の1日1新】
・旧質美小学校
・京丹波 質美笑楽講 pandozo cafe
・京丹波 質美笑楽講内 きのこ文庫
・京都縦貫道 京丹波みずほIC
・京都縦貫道 南丹PA

【昨日の1日1捨】

・自宅にある本

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>