「 個人の税金 」一覧

ふるさと納税ワンストップ特例制度スタート!確定申告不要となる方は手続きを忘れずに!

ふるさと納税ワンストップ特例制度スタート!確定申告不要となる方は手続きを忘れずに!

ふるさと納税ワンストップ特例制度が平成27年4月1日よりスタートしました。

記事を読む

創業記念や新築記念で記念品を自社の役員や従業員に渡したら。

創業記念や新築記念で記念品を自社の役員や従業員に渡したら。

会社の創業記念や社屋の新築時などに記念品を役員や従業員に支給する場合があります。

記事を読む

会社が個人の土地を借りた場合の地代の金額設定。無償返還届を出す前提で考えてみます。

会社が個人の土地を借りた場合の地代の金額設定。無償返還届を出す前提で考えてみます。

会社がその経営者親族である個人が保有している土地を借りた場合、 個人に支払う地代はいくらにすればいいのでしょう。

記事を読む

個人の土地に会社が建物を建てた場合にやるべきこと。3つの方法から選択します。

個人の土地に会社が建物を建てた場合にやるべきこと。3つの方法から選択します。

個人所有の土地に自身が経営している会社名義で建物を建てる。 この時にやるべきことがあります。

記事を読む

確定申告後だからこそ確認しておくこと。賃貸マンションを売却した時の消費税。

確定申告後だからこそ確認しておくこと。賃貸マンションを売却した時の消費税。

昨年に賃貸マンションなどの建物を売却された方は 確定申告が終わった今だからこそ消費税について再度確認を。

記事を読む

e-Taxでの確定申告。提出は申告期限より前倒しで済ませましょう。

e-Taxでの確定申告。提出は申告期限より前倒しで済ませましょう。

本日3/16は確定申告期限ですね。 提出がまだという方はお早めに。

記事を読む

居住用不動産を売却した場合の3,000万円控除の特例。有利な規定ですが、住宅ローン控除と併用できないのでご注意を。

居住用不動産を売却した場合の3,000万円控除の特例。有利な規定ですが、住宅ローン控除と併用できないのでご注意を。

個人が居住用不動産を売却して利益が出たときの税金の計算では売却の利益から3,000万円の控除してくれる特例があります。

記事を読む

e-tax(電子申告)で送信した確定申告。税務署の受付印の代わりになるものは?

e-tax(電子申告)で送信した確定申告。税務署の受付印の代わりになるものは?

確定申告をe-Tax(電子申告)で送信した場合、 もちろん税務署の受付印は押してもらえません。

記事を読む

認定長期優良住宅を建築した場合の軽減措置。住宅ローン控除以外にも税金の軽減措置がありますので手続きをお忘れなく。

認定長期優良住宅を建築した場合の軽減措置。住宅ローン控除以外にも税金の軽減措置がありますので手続きをお忘れなく。

認定長期優良住宅を建築した場合、 税金面で様々な軽減措置があります。

記事を読む

所得税確定申告の提出方法。税務署や相談会場での提出、郵送やe-Tax(電子申告)の違いを確認しておきましょう。

所得税確定申告の提出方法。税務署や相談会場での提出、郵送やe-Tax(電子申告)の違いを確認しておきましょう。

確定申告の提出方法には管轄の税務署や相談会場へ持参する以外に郵送やe-Tax(電子申告)といった方法もあります。 それぞれどういった違いが...

記事を読む