会社名(商号)を決めるときにやっておくべき4つの検索

宣伝になること、後々のトラブルを防ぐためです。

20160128

会社名が会社の宣伝になる

先日、税理士業務と別のサービスを
提供するための会社を設立しました。


会社を設立するときに悩むのが
会社名をどうするかです。


会社を作ったらそうそう
変えるものでもないですし、
変えることにも手間がかかります。


何よりも会社名は、
それ自体が会社の宣伝に
なりますよね。


読みやすくて、
覚えてもらいやすい、
親しみやすい、
かっこいい、
何をしている会社か分かりやすい
代表者の想いがこもっている、
長すぎない。


会社名を決めるために
気にすることには
キリがないですね。

会社名を決めるときにやっておくべき4つの検索

いろいろと悩みながら、
これだ!と会社名が決まっても
やっておくべき4つの検索があります。

1. Googleで検索する

まずはGoogle検索です。


会社の名前をキーワードにして
Googleで検索した場合、
どんな結果となるか確認しましょう。


考えた会社名と同じ名前の会社が
存在したり、
同じ名前のブランド名、サービス名、
商品名がないかを確認します。


20160128_1

2. 国税庁法人番号公表サイトで検索する

Googleで検索しても考えた会社名と
同じ会社名やブランド名などは
なかった。


これだけでは安心できません。


会社名としては存在するものの
ホームページなどインターネット上に
情報が出てきていない可能性もあります。


インターネット上に情報は出ていない、
けれど法務局で登記されている会社名を
確認するため、
国税庁の法人番号公表サイトで検索します。


20160128_2

国税庁の法人番号公表サイトについて
こんな記事も書いています。


せっかく会社を作るのであれば、
他にはない会社名にしたいですよね。

3. 特許情報プラットホームで商標権の検索をする

会社を作って、
事業も軌道に乗って
会社名も世の中に浸透してきた。


そんな時に他の会社などから
せっかく付けた会社名が
商標権を侵害していると
訴えられる可能性があります。


そんなことがないように
新たな会社名で
商標権を侵害しないかの確認も
大切です。


こちらのサイトを使うと
商標権の検索ができます。

20160128_3

商標権を確認して会社を作ったら、
商標権を取っておくことも
考えておきましょう。

4. ドメインの検索をする

ドメインが取れるかどうかも
確認しておくべきです。


ドメインとは
メールアドレスでいうと
○○○@aaaaa.com
の「aaaaa.com」の部分、
ホームページなどのURLであれば
htttp://aaaaa.com
の「aaaaa.com」の部分のこと。


考えた会社名と一致する
ドメインを使いたいですよね。


こういった
レンタルサーバーのサイトで
確認することができます。


ちなみに、どこで検索しても結果は同じです。

まとめ

会社名を決めるときには
最低限4つの検索を行うように
してください。


会社名が宣伝になると考えて
他にない名前にする、
後々のトラブルを避けるため
に商標権の確認する。


いつでもできることなので
必ずやっておきましょう。


【編集後記】

昨日はExcelデータを加工して
システムへ取り込む仕事を少々。


vlookupやピボットテーブルの
効果を再認識。


活用するだけで作業時間が
大幅に変わりますね(^^)


【昨日の1日1新】

・ブラザーベーカリー タコスボールホットサンド


【昨日の1日1捨】

・事務所デスクに残っている古い書類、パンフなど
※今週はデスク強化週間です(^^;

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>