信頼残高をコツコツ貯めていく

私が税理士を目指そうと思った頃から意識しているキーワードに「信頼残高をコツコツ貯める」というものがあります。

信頼残高とは

約10年前、友人の紹介でスティーブン・R. コヴィー「7つの習慣」という本に出会いました。この中では、お金を入れると残高が増え、必要なときにお金を引き出せる銀行口座を例えに、人との信頼関係を貯えておくことを「信頼口座」と表しています。

人に対して礼儀正しく接する、親切にする、約束を守るという行動を繰り返していれば、「信頼口座」の残高が増え、頼りにされ、安心感を与えることができます。

この「信頼口座」の残高を「信頼残高」と言います。

信頼残高を貯めるには

礼儀正しくする、親切にする、約束を守る、こういった行動により少しずつ信頼残高を増えていきます。信頼残高が多ければ、人とのコミュニケーションにおいて多少言葉が足らない、といったことがあっても信頼関係ができているので、大きな問題になることはありません。

一方で、日頃から無礼な行為をする、見下す、無視する、気まぐれな態度といった行動は信頼残高を減らすことになります。もし、信頼残高がマイナスになっていれば、それは人から信頼されていないということです。

したがって、信頼残高を貯めるには日頃の行動の中で、礼儀正しく、親切にする、約束を守る、を意識しなければなりません。もし、信頼残高が減るような行動を取ってしまった場合には、すぐに行動を反省し、改善する、謝罪するといった行動が必要です。

とにかく信頼残高をコツコツ貯める

信頼残高に十分な残高があれば、それは人との関係が良好であり、コミュニケーションも楽しい、充実したものになるでしょう。税理士の仕事では、お客様とのコミュニケーションは非常に重要で、信頼関係の構築が欠かせません。もちろんプライベートでも十分な残高にしておくべきです。

ただ残念なことに、この信頼残高は銀行口座の残高のように今いくらあるのか、十分な貯えがあるのか、マイナスになっているのかが分かりません。

そのため、将来、人生を振り返るようなタイミングが来たとき(いつ来るか分かりませんが、)に、少しは信頼残高が貯まったかなと感じることができるよう、とにかく信頼残高をコツコツ貯めていきたいものですね。

———————————————————————————————————

編集後記

昨日は今月予定している弊事務所主催のセミナー準備で

協力してくれている友人との打ち合わせをしました。

ひとり税理士事務所ですが、一つの目的に向かって行動する

仲間がいるのは心強いですね。開業以来、事業をするにあたり

多くの方のチカラを借りていることを実感しています。

日々感謝です。

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>