無駄な経費と投資を減らす、は売上を増やすのと同じ。

無駄な経費と投資がないか要チェックです。

20170326

売上を増やしたい

多くの経営者が考えること。

事業の売上を増やしたい。

そう考えますよね。

売上を増やすためにと
こういったことを考えます。

・新たなお客様を増やせるか

・お客様ごとの単価を引き上げられるか

・お客様の購入頻度を高めることできるか

では、なぜ売上を増やしたい
のでしょうか?

売上を増やすのではなく、
利益を増やすことが目的
ではないでしょうか。

利益が増えればいい。

そう考えると発想が広がります。

たとえ
売上を増やせる見込みがなくても、
利益を増やせる手段は考えることが
できます。

無駄な経費と投資を減らす、は売上を増やすのと同じ。

無駄な経費と投資を減らす、は売上を増やすのと同じ。

利益を増やすために必要な
考え方です。

売上を増やそうとすると、
業種や売上の内容にもよりますが、
仕入などの原価が発生します。

売上から商品や材料の仕入れなど
原価を差し引いた粗利益が
会社に残るお金になってきます。
(ここでは、
在庫のことはちょっと横に
置いておきます。)

すると、
100万円の売上を増やしても
粗利益率が70%の会社なら70万円、
粗利益率が50%の会社なら50万円
しか利益は増えません。

効果のない
無駄な経費や投資を100万円減らすと
どうでしょうか。

100万円がそのまま利益やお金と
して残りますよね。

もし、売上アップで100万円の
利益やお金を残そうとすると、
粗利益率が70%の会社なら142万円、
粗利益率が50%の会社なら200万円
の売上が必要になるんです。

無駄な経費や投資を減らすことの
効果が分かりますよね。

新たな経費や投資をするときに考えること

新たな経費を掛けたりや
投資をしたい。

そう考えるときには
次のことも一緒に考えて
みましょう。

・その経費や投資に必要な金額以上の売上に貢献できるか

・その経費や投資に必要な金額以上に他の経費や投資を減らすことができるか

もちろん新たな経費や投資
をした年にすぐに効果が
出るとは限りません。

でも、
この意識を持っておかないと
利益は減っていく一方ですよね。

まとめ

無駄な経費と投資を減らす、は売上を増やすことと同じ。

そう考えるだけで
経費削減や投資の見直しにも
力が入りますよね。

ただ、将来的な売上アップや
無駄な経費削減につながる
あらたな経費や投資まで
削ることのないよう、
バランスには要注意です。

特に人件費なんかは減らさずに
済むことが理想ですよね。

【編集後記】
昨日の午前中は長男、次男と
御所の公園へ。

公園で遊ぶのにも
いい気候になってきました(^^)

京都御所には観光客の方も
多かったんですが、
調べてみると、去年2016年から
通年公開をしているようですね。
今更ながらに気付きました(^^;
【1日1新】
・iPhoneのアプリ tenki.jp
【1日1捨】
・iPhoneのアプリ

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村