freeeを選択する理由が増えました。電子証明書ログイン対応金融機関110行に到達。

reeeの電子証明書連携アプリが対応する金融機関が増えました。

20151219_0

freeeの電子証明書連携アプリが対応する金融機関が大幅に増えました

クラウド会計ソフトのメリットは
ネットバンキングやクレジットカード
のデータを自動で取込み
取引内容を自動で推測したり、
登録することで経理業務を
効率化できることです。


freeeやMFクラウドといったソフトが
クラウド型会計ソフトの代表例ですが、
どちらを選んだらいいか
のポイントがあります。


MFクラウド会計・確定申告かfreeeか?選択するポイントは?

http://balance-blog.com/freee-MFcloud

この中のポイントの1つが
ネットバンキングの電子証明書に
対応しているかどうかでした。


これまでであれば
電子証明書形式のネットバンキング
利用している場合、その対応数が
多いMFクラウドを選択するケースが
ありました。


今回freeeの電子証明書連携アプリの
対応する金融機関が110行と
大幅に増えました。

これで電子証明書形式の
ネットバンキングだからといって
MFクラウドを選択するという
理由がなくなりましたね。


利用者のソフトに対する印象や
どちらのソフトがより業務の効率化
になるかで選択することができます。

クラウド会計ソフトを勧める理由

クラウド会計ソフトを利用する理由は
記帳業務を中心とした経理業務を
効率化して、経営者や経理担当者の
新たな時間を確保することです。


経営者自身が経理をしている場合は、
営業や企画、従業員の教育など
売上や業績アップのための時間に
充てることができます。


経理担当者であれば、
経営のために必要な
資金繰りの予定を立てたり、
売上の内容の分析、
売掛金の回収を強化したり
と業務の時間にできます。

まとめ

freeeの電子証明書ログイン対応の
金融機関が大幅に増えたことで
クラウド会計ソフトを利用するハードル
がまた一つ低くなりました。


業績アップのためと考えて
クラウド会計ソフトの利用を含め
経理業務の効率化を
考えてみてはいかがでしょうか。


【昨日の1日1新】

・WordPress simplicity子テーマインストール
・加賀屋京都店


【編集後記】

freeeとMFクラウド会計、
それぞれが利用者のために
より使いやすくなっていくのは
嬉しいものです(^^)

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>