「推測」と「登録」。freeeの自動処理のポイント。

freeeを使いこなすために理解しておくポイントの1つです。

20151210_0

クラウド会計ソフトを使うだけでは経理は楽にならない

freeeやMFクラウドといった
クラウド型の会計ソフト。


税理士から勧められて
使うケースもあれば、
会社や事業主自身が進んで
導入しているケースもあります。


ただクラウド型の会計ソフトを
導入したから必ず経理が楽になる
訳ではありません。


クラウド型会計ソフトの利用とともに
インターネットバンキング、
クレジットカードのWeb明細、
クラウド型のPOSレジや請求書システム
を併用することがポイントです。


また利用する
クラウド型会計ソフトの
使い方をきちんと
理解することが
経理を楽にするコツです。

freeeの自動化のポイント「推測」か「登録」か

freeeを使う場合、
理解しておかないといけないこと
1つが自動登録ルールの
マッチ後のアクションです。


freeeがネットバンキングや
クレジットカードの明細から
取得したデータと
登録しておいたルールが一致
した時に自動処理を
「推測」で止めておくのか
「登録」までするかです。


freeeの自動登録ルールについて
確認したい方はこちら。

freeeで経理が楽になっていない方へ。自動登録ルールをメンテしてますか。

http://balance-blog.com/freee-Auto

自動登録ルールを作ることで
インターネットバンキングや
クレジットカードの明細など
から連動したデータに基づいて
取引が自動で作成されます。


この自動で作成される部分が
設定によって変わるのです。

マッチ後のアクションが「推測」の場合

20151210_1

取り込んだデータと自動登録ルールが
一致したときに取引を推測してくれます。


後は「自動で経理」の画面で
自分で内容を確認して
「登録」ボタンを押すだけです。

マッチ後のアクションが「登録」の場合

20151210_2

「自動で経理」という確認画面には
取込内容が表示されることなく
自動で取引が登録されます。


逆に言うと
確認するタイミングがなく
取引きが登録されていくので
もし登録内容に間違っていた場合、
修正が必要になります。

何を「推測」にして何を「登録」するか

freeeの自動登録ルールで
何を「推測」にして
何を「登録」にするか。


原則は「推測」、
間違いないと思えるものは「登録」
にするのがお勧めです。

「登録」を選ぶパターン

インターネットバンキングや
クレジットカードから
連動したデータに対して
「勘定科目」などの選択の
余地がないものに使います。


口座引落しとなる電話代、電気代、家賃、
交通系ICカードから連動される電車代、
カード明細から連動されるETC利用料
などです。


これらであれば
「通信費」「水道光熱費」「旅費交通費」など
勘定科目が変わることはありませんよね。


ただ、毎月の支払金額をfreeeで
確認したい場合は「登録」ではなく
「推測」にしておいてください。

「推測」を選ぶパターン

「登録」を選ぶパターン以外です。


例えば同じ支払い先であっても
「仕入」にもなれば
「消耗品費」にもなるような
ケース。


Amazonから連動したデータで
プライベートの買い物も含まれている
ケース。


これらは自動で「登録」されると
後で修正しないといけなくなります。


freeeで自動で登録されたデータを
修正するのは少し面倒くさいので
「推測」にするパターンが多いです。

まとめ

freeeを利用されている方は
自動登録ルールの
マッチ後のアクション
「推測」と「登録」
をうまく使い分けてください。


経理を効率化して
お金を生む本業の時間を
確保しましょう。


【昨日の1日1新】

・ASaaSでの年末調整
・扇庵 切り出しカステラ


【編集後記】

freeeの自動登録ルールは
コツコツとメンテナンス
していくことが大切です。


freeeを使い始めて1年半以上
になりますが
使い始めた時に登録してしまった
ルールの整理がまだ残っています(^^;

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>