過去と他人より変えられる未来と自分に目を向ける。

過去と他人は変えられないと考えると楽になります。

20150102

名言集がおもしろい

最近Kindleで読み始めたこちらの本が
面白いです。

名言に対して竹中平蔵さんの
解説や考えがまとめられています。


名言の短い言葉には
人生や仕事において必要になる
原則が詰まっていて、
「なるほど~、確かに~」
と納得することが多いです。


またこれだけの短い言葉で
深い意味を伝えられる表現力
にも感心しています。


自分も短い言葉で的確な表現できたら
いいなぁと。

改めて見つめ直した名言

過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる

ラルフ・ワルド・エマーソン

ここ数年、自分の中で
意識するようにしていたことが
この名言に凝縮されています。


この考えを意識し始めてから
自分自身が変わったように感じています。


なぜ変わることができたかは
この名言に込められている
二つのことがあるからです。

他人は変えられないから自分がどう変わるかを考える

まず一つは他人は変えられない、
ということ。


相手にこうなってもらいたい、
もっとこうして欲しいと考えても
思い通りにならないことが多いです。


すると、
せっかく相手のためにと考えてるのに
期待に応えてもらえないことに
ストレスを抱えてしまい、
相手にネガティブな印象を持ってしまいます。


「他人は変えることができない」
と考えるとどうでしょうか?


他人を変えようとするのではなく、
あくまで自分が何をできるかに
意識を向けることができます。


他人ではなく、自分であれば
努力したぶん結果がでるでしょうし、
うまくいかないことがあっても
原因を考えてまた自分で何ができるかを
考えればいいことです。


他人のせいにせず、
自分をどう変えるかだけを
考えるようになったので
楽になりました。

未来は変えることができるから時間を大切にする

もうひとつは
「過去は変えられないが、
未来は変えられる。」
です。


もうすでに起きてしまったことを
変えることはできません。


過去を悔やんでも何も変わりません。


起きたことの原因の分析は必要ですが、
あとは未来に向けて何をするべきかに
意識を向けた方がいいです。


また過ぎてしまった時間を取り戻す
こともできません。


お金は減ったり、増えたりしますが、
時間は減る一方です。


未来の時間をどう使うかが大切ですよね。


将来どうなりたいのか、
どういう成果を出したいのかを意識して
未来の時間をどう使うかを考えるように
なりました。


同時に効率的な時間の使い方考える
ことも意識するようになりました。

まとめ

過去と他人は変えられないと
考えると余計な悩みとストレスが
減って楽になります。


その分、大切な未来の時間を使って
自分が何をするのか、
どうなるのかに集中すればいいです。


未来の自分を考えるほうが
楽しいですしね。

【編集後記】

昨日から旅行で三重県の志摩市に来ています。


この記事もPCではなく、
Kindle+iPhoneテザリング(3G回線)
で書いてます。


iPhoneの電波が届いてて良かったです(^^;

【昨日の1日1新】

・伊勢自動車道
・安濃サービスエリア
・伊勢醤油ソフトクリーム

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>