「いくら売上をあげるか」だけが目的ですか? 何のために事業を行っていますか?

創業当初の想いなんかも振り返りましょう

20161111

相談でよくお聞きすること

仕事がら、経営者の方からの
相談をお受けすることが多いです。

相談の種類はさまざまですが、
その中でも多いのが、

「どうすれば売上を確保できるか」

というものです。

もちろん、
私は相談者の事業のプロでは
ないので、
「こうすれば売上が絶対上がりますよ~!」
なんてことはお伝えできません。

現状と理想の状態をお聞きしながら、
理想の状態に到達するために
どんな条件が必要かを一緒に考えます。

相談者から1つ答えがでてくれば、
それを掘り下げたりしながら
答えを見つけて頂く、
そんなことを行っています。

事務所でお話しをするときであれば
ホワイトボードが大活躍しますね。


「いくら売上をあげるか」だけが目的ですか?

「どうすれば売上を確保できるか」
そんな相談を受けた時に
確認することがあります。

「何のために事業を行っていますか?」

という質問です。

「売上を上げることが目的ではないですよね。」

この事業を通じて、
実現したいことや
使命感を持って
取り組みたいこと
があるはずです。

業界に新しい風を吹かせたい、
お客様の幸せをサポートしたい、
○○な世界を実現したい。

何のために事業を行うかを明確にする

事業を立ち上げたときの
想いなんかも振り返ると
そういった想いが出てくる
はずです。

時間が経つと
売上だけではない
事業を行う目的が
薄らいでいるかも
しれません。

だからこそ
売上をどうやって上げるか、
を考える前に
何のために事業を行うのか、
ミッションとも言いますが
これを明確な言葉
にしておきましょう。

言葉にすれば
従業員とも共有できますし、
お客様にも伝えることができます。

まとめ

売上を上げることだけが
目的にならないよう、
何のために事業を行っているか、
ミッションを言葉
にしておきましょう。

売上を上げることだけを
意識しそうになったら
何のために事業をするのかを
振り返るといいですね。

【編集後記】

先日、冬用のコートを購入しました。


店員さんより定番のコートは
毎年すぐに売り切れるので
今のうちに購入するのが
オススメですと。


バーゲンを待って購入するより
必要なものがあれば
バーゲンを待たずに
前倒しで購入する。


前倒しのメリットは大きいですね(^^)

【昨日の1日1新】

・やよい青色申告オンライン クレジットカード連携
・アルペンローゼ京都御池店

【昨日の1日1捨】

・自宅にある本

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>