余裕のあるサービスとは。相手にどんな印象を与えているか。

相手の立場に立てているかを考える前に。

20170612

ある花屋さんでのこと

先日訪れたある花屋さんでのこと
がとても印象深くに記憶に残っています。

長男と次男と三人で
お祝い用の花を購入しようと
ある花屋さんに立ち寄りました。

長男は自転車から降りずに
店頭で待っていると言うので、
次男をだっこして店内へ。

お店の方に
お祝いの用途や予算を伝えてると、
別の店主?店員?のおじさんが
そっと長男の元へ。

どうやら長男の話し相手
をしてくれていました。

そして購入するお花も決まり
送り状を書かないと
いけなくなったとき、
今度はお店の店主?店員?の
別のおばさんが出てきて
次男をだっこしてくれました。

次男は大泣きではありましたが・・・。

それでも私にとっては
とても助かったんです。

子供の様子を見守ってくれるだけで
安心して買い物ができます。

お店自体や店内のディスプレイが
がとりわけおしゃれとか
そういうわけでは
なかったんですけど。

この対応だけで
私の中で
超お気に入りの花屋さんに
なりましたよ。

余裕のあるサービスとは。相手にどんな印象を与えているか。

どんな商品、サービスを扱っているか、
どんなお店やオフィスで出迎えるか、
よりいいモノ、いいサービスを用意し、
よりいい環境を整えることは
とても大切です。

けれど、それよりも前に
そこにいる人がお客様にどんな
印象を与えるかが大切なのでは
ないでしょうか。

どんな印象を与えるかを
決定付けるポイントに

「余裕があるかどうか」

があります。

商品やサービスを提供する人に
余裕がない状態。

慌ただしく働いている、
笑顔を失っている、
言葉にカドがある、
「忙しい」「時間がない」
という言葉を聞かされる。

こんな状態だと
モノやサービスを買う側から
すれば心配になりますよね。

現実に忙しい、
慌ただしく仕事をする必要が
あったとしても、
笑顔で対応出来るほどの
余裕があるかどうか。

余裕もあり、笑顔で
お客様のことを考えた
行動ができる。

そんな状態を目指したい
ものです。

まとめ

相手にどんな印象を与えているか。

自分がモノを買うとき、
サービスを利用するとき。

それぞれで
どんな印象を受けたかを
振り返るととともに
自分が、自社が
どんな印象を与えることが
できているかを
意識したいですね。

余裕のあるサービスを
提供できていますか。

【編集後記】

相手にどんな印象を与えるか
を決める上では
笑顔が占める割合も
大きいですよね。

笑顔をどれだけ続けられるかの
笑顔持久力にも
こだわりたいですね(^^;

【昨日の1日1新】
・TaskChuteCloud デスクトップアプリ

【昨日の1日1捨】
・古くて着ることがなくなった服

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村