盗難、紛失、まさかの事態に備えてiPhoneを探す、データ消去の手順を確認しておきましょう。

iPhoneの盗難、紛失があってもどこにあるかを確認して、
データを消去する手順を確認しておきましょう。

20150324



まさかの事態に備えてやっておくこと

iPhoneやスマホが盗難にあう、紛失する、考えたくはないですが、まさかの事態が起きたときのことは想定しておくべきです。

iPhoneであれば盗難、紛失があってもPCなどから「iPhoneを探す」機能でそのiPhoneがどこにあるかを調べ、音と鳴らしたり、ロックを掛けて操作できないようにしたり、データを消去することができます。

まさかの事態に備えてやっておくことは、
・「iPhoneを探す」機能の設定、操作方法を確認する
・「iPhoneを探す」機能で何ができるか知っておく
です。

そして、まさかの事態でデータを消去しても大丈夫かを確認することも大切です。

「iPhoneを探す」機能の設定方法は?

「iPhoneを探す」機能を使用するためには、
iPhone(iPadも)自体の設定と
AppleのiCloudを使えるようにしておく必要があります。

「iPhoneを探す」機能の設定はこちらからhttp://www.softbank.jp/mobile/support/iphone/trouble/findiphonepreparation/

「盗難・紛失時にiPhoneを探す(パソコンでの操作方法)」はこちら

「iPhoneを探す」機能でできること

「iPhoneを探す」機能でできることを確認しておきましょう。
まさかの時に自分がどの手段を選ぶのか、その手順を確認しておきたいですね。

1. PCなどからiPhoneがどの位置にあるか確認する

盗難にあったのか、紛失したのか、家の中にあるのか確認できます。

2. 探しているiPhoneやiPadの音を鳴らす

音を鳴らすことがで見つけやすいようにします。

3. 操作できないようにロックの設定をする(紛失モード)

普段から時間が経てばロックが掛かるようにしておけば改めて行う必要はありません。

4. 紛失したiPhoneにメッセージを表示させる(紛失モード)

警察へ届けて欲しい旨や連絡して欲しい電話番号を表示させることができます。

5. iPhoneのデータをすべて消去する

最終手段ですが、取り返しのつかないような場所にあることが分かればデータをすべて削除することができます。

まとめ

「iPhoneを探す」機能を理解して、手順を確認しておくと
まさかの事態での対処が早くなります。

最終手段であるデータの消去がいつでもできるようにバックアップについて考えておくことも大切です。
クラウドのサービスを利用すれば常にデータのバックアップができている環境にすることもできます。

あとはそもそもiPhoneの紛失や盗難が起こらないようにしておかないといけません。
・かばんには入れずいつも服のポケットに入れる
・お店に入った時などにテーブルに置かない
・家や車の中で置いておく定位置を決める
マイルールを決めることだけでも紛失や盗難の可能性を下げることができますよね。

——————————————————————–

【編集後記】

昨日は急に寒くなりましたが、
日曜日までの陽気で京都の桜も見頃が近づいています。
京都府立植物園の早咲き桜は開花して見頃のようです。
見に行けたわけではありませんが(^^;

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>