伝えない限り伝わらない。分かってもらえない、ではなく伝えていない。

発信することの意味です。

20160524

※発信しているので、アイスの内容が伝わりますね。

税理士の違いがよくわかりません

「税理士さんの違いが
よく分かりません」


たまにこんなことを
言われることがあります。


税理士であれば、みな、
同じサービスをしていて
同じスキルやノウハウを
持っていると
理解されている方が
少なくありません。


「税理士の佐竹です」


「税理士の田中です」


「税理士の佐藤です」


3人の税理士がいても
これだけの情報しかなければ、
それぞれの違いがあっても
分かりませんよね。

伝えない限り伝わらない

それぞれの税理士に違いが
あることを知られていないのは
発信がまだまだ足りない
という証拠です。


それぞれがどんな価値を
提供をしていて、
どんな違いがあるのか
HPなどで発信をしていても
それだけでは足りない
ということ。


税理士にもいろんなタイプ
があります。


お客さまとコミュニケーションを
とりながら税務や会計に
関する提案をすることに
重きをおく税理士。


個人事業の開業や会社の設立
など創業支援に強い税理士。


相続、事業承継といった
業務に特化した税理士。


クリニックや医療法人、
公益法人といった強い。


などなど。


ネットや広告で発信することも
必要ですし、実際にお会いした
人にどう伝えているかも大切です。


「税理士の○○です」
ではなく
「□□の分野で▲▲を
得意としている税理士の
○○です」
と伝えた方がいいですよね。


税理士を紹介しようと考える人
の動機も変わります。


「□□の分野が得意だから」


の理由で紹介が発生する方が
その後のミスマッチも減りますよね。


伝えない限り伝わらない
ということです。

価値を伝えること

伝えない限り、伝わらない
のは何も税理士に限った
ことではありません。


いくらいいサービス、いい商品
高い技術を用意していても、
その価値を伝えることを
しない限り、人には伝わりません。


価値があると自分や自社の
中だけで理解しているだけではなく、
どうやって、外へその価値を伝えるのか
を考えないといけませんね。

まとめ

商品やサービス、技術の高さ、
企業の価値といったものは
発信して伝えない限り
人には伝わりません。


いいものがあるのに
知られていない、
売れていない、
そう感じるときには
そもそも人にどう
伝わっているかを
確認した方がいいですね。

【編集後記】

先日もあるお仕事の打診が
ありましたが、
自分の強みとするところとは
別の仕事の内容でした。


まだまだ発信の仕方、
人への伝え方が足りないと
反省しています(^^;

【昨日の1日1新】

・初めてお会いする方を交えたある打合せ


【昨日の1日1捨】

・PCの不要フォルダ

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村