事業の立ち上げ、新規出店で必要なこと。投資から回収までをセットで考える。

投資したお金をどれだけ回収したか。気になるところです。

20171013

立場が違う方との話は勉強になる

先日ある金融機関の方から
伺ったことです。

最近は金利も下がっているので、
カンタンに借入ができると
思われることもあるんです。

けれど、そういう方に限って、
借入をどうやって、何年で返済するかの
プランまで描けていないことが多い。

だから、
融資を受けてもらうことを
抑えることもある。

だそうです。

確かに金利が下がっているので、
事業をしている側からすると
お金は借りやすいと感じることが
あるかもしれません。

けれど、
金融機関の立場からすれば、
貸して終わりではなく、
きちんと毎月の返済と利息の支払いを
してもらうことが大切です。

お互い、
融資したら終わり、
借入れができたら終わり
ではないですからね。

投資から回収までをセットで考える

事業を立ち上げるとき、
新店を出店するとき、
新規事業に参入するとき。

将来こんな希望がある、
また今は準備段階、
という方からよく聞くお話が

「最初はトントンでもいいから」

「自分の給料はすぐに出なくてもいいから」

というスタンスです。

そうすると、
利益目標も必然的に
低く設定してしまいがちです。

でも、本当は
いくら利益を出して、
そこから税金を払って
借入を返済して、
そこから自分の給料も払い、
将来のためのお金はいくら貯めて。

までを考えた利益目標が
必要なはずです。

だからこそ
投資をする場合に考えることは、

1.金融機関から融資を受ける場合にはその何年で返済するか

2.自己資金を使ったなら、その自己資金も何年で回収するか

3.1.と2.を実現するために必要な売上や利益はいくらか

を明らかにすることです。

投資から回収までをセットで考えること

が必要なんです。

まとめ

事業の立ち上げ、新規出店を
する際にどこまでの計画を
立てているかが大切です。

ただ単に利益が出ること、
ではなく、

借入を返済して、

自己資金を回収できる

計画を立ないといけませんね。

【編集後記】

昨日はある士業の方と
日本酒を飲みながらの作戦会議。

たまにはこんな作戦会議も
いいものですね^^

【昨日の1日1新】
・モスカフェ エスプレッソモカスムージー

【昨日の1日1捨】
・PC内の不要データ

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>