悩むことを減らすために。先送りにせず判断する。

悩みを減らせば前に進みます。

20161027

発想を頂きました

ある経営者の方との話。


個人事業が順調に進んでおり
会社にするかどうかを
考える時期を迎えておられました。


私からも
個人の場合と会社の場合とで
税金の負担がどう変わり、
社会保険の負担がどう変わり、
一時的な消費税のメリットなど
をお伝えしました。


個人事業で利益が増えてくると
会社にすることで税金の負担は
確かに抑えることができます。


けれど一方で
新たに社会保険の負担が増えて、
節税効果以上に負担が増えてしまう
そんなケースもあります。


そうなると
会社にするかどうかはもはや
お金だけの話ではなくなります。


将来のビジョンから考えると
個人、会社どちらがふさわしいか、
従業員さんの待遇を良くするために
会社にするのか。


こんな視点で考える
必要がありますね。


で、
今回、経営者の方が下した判断は
「会社にする」。

「会社にする」
を決定した理由のひとつは
将来の悩みを減らすため
だそうです。


このまま個人事業を続けていると
またこの会社にするかの
悩みが訪れる。


判断して決めることで
将来の悩みの1つから解放される、


そんな判断によるものだった
そうです。

悩むことを減らすために。先送りにせず判断する。

先ほどの経営者のかた
の場合であれば
悩むことを減らすために
先送りにせず判断すること
を選択されました。

事業を行っていると
日々、悩むことの連続です。

従業員のときには
感じることがなかった
ものです。

判断をする画面に
遭遇すること、
それが日々、何度
も訪れます。

けれど、
その判断をする場面
で悩むことにとらわれて
判断を先送りにしてしまって
いるとどうでしょう。

判断することが溜まりすぎて
事業が前に進まない、
そんなことになりかねませんよね。

そうならないためにも
悩むことを減らすためにも
先送りにせず判断する
ことが大切ですね。

まとめ

判断をしてしまえば
悩むこともなくなります。

先送りにせず、
その場で判断すること。
判断する力を
鍛えていきたいですね。

【編集後記】

経営者の方を
サポートする立場として
判断するための
裏付けを提示することで
少しでも悩みを減らして
頂けると嬉しく感じますね(^^)

【昨日の1日1新】

・ハッピーターン ジャガバター  。

【昨日の1日1捨】

・自宅にある本

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>