固定費から売上目標を決める。経営計画の立て方。

1年分の固定費を把握できたら
売上目標を決めていきます。

20151023_0

実際にいくらの売上が必要なの?

事業をするにあたって
必要なことは
売上を獲得すること。


でも、
実際にいくらの売上があればいいのか、
把握できていますか?


だいたい月にこれぐらいの
売上は欲しい、
年商はこれぐらいにしたい、
と売上の目標があいまいな
ケースも少なくありません。


けれど、
年間の売上目標がいくら
月々ではいくら
と具体的な数字を決めて
いる方がいいです。


具体的な数字が決まって
いれば、
その売上目標を達成するために
具体的に何をするのか、
を考えることできますよね。

1年分の固定費を把握した後にやること

以前の記事で
1年分の固定費を把握することに
ついて書きました。

1年分の固定費を把握してますか?経営計画の立て方。
http://balance-blog.com/koteihi


今回は1年分の固定費を把握した後
にやることです。


やることは次の2つです。

1.利益を考える

固定費に加えて必要な利益を考えます。


・借入金がある場合、
年間の返済予定額


・将来の設備投資のために
貯めていきたい金額


・緊急時の資金として
残していきたい金額


これらの必要な金額に加え
利益に対してかかる税金の支払いも
考えて必要な利益を考えます。

20151023_1


会社の場合だと、
法人税などの税率を35%で計算すると
残したい利益を35%の税金を引いたあと
の65%で割り戻せばいいいのです。

20151023_2


実際には会社であっても
過去の赤字があって
法人税がほとんど掛からない
ケースもあります。


個人だと所得税や住民税、
事業税の負担があるので
税金の負担率はそれぞれで
考えないといけません。

2.必要な売上を求める

固定費と利益が決まれば、
必要な売上を求めます。


事業の内容が
材料や商品の仕入れを必要としない
業種であれば簡単です。

20151023_3


発生する固定費と
稼ぎたい利益の合計が
目標売上になります。


材料や商品の仕入れ、
外注費など変動費が発生する
業種の場合は段階を踏みます。

変動費を把握する

変動費は売上に直接結びつく費用、
売上金額とともに変動する
商品や材料の仕入、外注費などです。


売上に対する変動費の割合を
もとめます。


変動費の割合はもちろん
業種によって異なります。


飲食業であれば30%、
製造業であれば50%
といった
業種ごとの目安もありますが、
まずは自社や自身の
変動費率を核にしましょう。

粗利率を把握する

次に売上から変動費を差引きます。
これを粗利(あらり)といい、
その割合である粗利率(あらりりつ)を
求めます。

20151023_4

売上を計算する

粗利率が分かれば
固定費と利益の合計額を
粗利率で割り戻すことで
必要な売上が分かります。

20151023_5

まとめ

固定費から利益を考え
そして変動費を考慮して
必要な売上を求める。


根拠のある売上目標を
立てることができれば
あとはその売上をどうやって
達成するのかに集中できますよね。


【昨日の1日1新】

ブラザーベーカリー
・鳥もものねぎみそサンド
・シナモンロール


【編集後記】

最近、開業直後の方や開業前の方と
話をすることが多いです。


この考えを理解して頂くだけでも
数字に対する興味が大きく変わります(^^)

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>