思い込み要注意!Parallels DesktopでUSB版Windows10が入らない。

少し手こずりました。。

20170104_0

Parallels DesktopでUSB版Windows10を入れるときの注意点

今日の仕事始めは
終日、事務所でのお仕事。

通常の業務のかたわら、
元旦に届いたMacBookProの
設定をしていました。

まずは、
MacBookPro上でWindowsを
動かすためのPrarllels Desktop
をインストールし、
次にWindowsをインストールする
という作業です。

作業も途中まで進み、
あかじめ購入していた
Windows10のUSBを使って
あとはWindowsが
入るのを待つだけ。

20170104_1

しかし、そこから何度やっても
Windows10がうまく
インストールされない
事象が発生しました。

原因を探るべくGoogleで検索して
いくつかのページに書いてあることを
試してみたことで分かりました。

Windows10のUSBは使わなくても
いいんですね。

マイクロソフトのページから
Windows10のisoファイルを
ダウンロードすることで
すんなり作業が終わりました。

お世話になったのはこちらのサイト

記事の前半は失敗する手順で
後半からうまくいく手順を
紹介されていますので
注意してください。

思い込み要注意。作業の前のひと調べ。

Parllels Desktopで
Windows10がうまく
入らなかったのは


「思い込み」


が原因でした。

設定画面にはUSBメモリの
イラストもあったので、
当然Windows10のUSBを
挿して設定するものだと
思い込んでいました。


20170104_2

こういった感覚だけに
頼ってしまうと
失敗してしまいますよね。

今回も感覚だけを頼りにしている作業を
ネットでひと調べして裏を取っていれば
失敗を防ぐことができました。

思い込みは要注意、
ITに関することなら
ひと調べをした方がいいですね。

思い込みを外すこと

PCでの作業にとどまらず
いかに思い込みを外すか
って大切なことですよね。

自分がチャレンジしようと
思ったことがあっても


「できない」


そう思い込んだ時点で
本当にできないことが
現実になってしまいます。

経営者と従業員との
関係でも同じです。

十分な意思疎通が
ができていないの
経営者の立場からみて、
従業員の仕事に対する思いが弱い、
だから重要な役割は任せられない。

そう思い込んでいる限り、
その従業員の成長は
見込めないですよね。

誰しも
「思い込み」のまま
動いてしまうことは
少なくありません。

だからこそ、
「今、思い込みしてない?」
そう自分に聞いてみる
習慣を持って、
思い込みを外す努力を
続けたいですね。

【編集後記】

昨日は遅ればせながら
家族でエキスポシティへ
行ってきました。

日本最大級というだけ
あってとても1日では
回りきれませんね。

京都からも近いので
何度も足を運ぶかも
しれません(^^)

【昨日の1日1新】

・エキスポシティ
・OSAKAWHEEL(オオサカホイール)
・Orbi(オービィ)
・ららぽーとEXPOCITY

【昨日の1日1捨】

・使わなくなったマウス

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>