自分や自社の個性を磨くこと。差別化は後から付いてくる。

差別化しましょう、よりやるべきこと。

20160307

※周りばかり見ていると落ちてしまいそうです。

差別化の時代ではない!?

「これからは差別化の時代じゃなく、
独自化の時代だと聞いたんです。」


ある経営者の方より
ご自身が参加した研修で
こんな学びがあったよと
教えて頂きました。


この経営者の方は
新たな地域に展開して
規模の拡大を検討されて
いたところ、
ライバルがその地域に
進出することが
決まったそうです。


けれど、
この言葉を聞いて、
他社の進出に
気を取られることより
もっとやるべきことがある。


他社のことより
もっと自社のことに
目を向けるべきだと、
考えられたそうです。


この話は、
自分の心の中に
深く刺さりました。

差別化を考えるより自分や自社の個性を磨くこと

差別化を考えるより、
独自化を考える。


この言葉が深く刺さった
理由を考えてみました。

差別化は他者に目を向けること

「差別化」というと
どうしても
他者に目を向けがちです。


ライバルがやっていないこと、
ライバルのいないところ、
とあくまで他者を起点に
考えますよね。


本当にそれがやりたいことかは
別として
「差別化する」ことが目的に
なってしまっていたり。


最初は他者とは違うことを
行っても
他者に真似されれば
とたんに差別化では
なくなります。


するとまた別の
「差別化」を考えないと
いけません。。

自分や自社に目を向けて個性を磨くことが大切

差別化を考えるより、
独自化を考える。


独自化とは、
自分自身や自社に目を向けて
個性を磨くこと。


そこには
他者が何をしているか
という視点ではなく、
自分自身や自社が
何のために何をやるべきか
を考える視点があります。


他者のことを気にするよりも
いかに自分や自社が持っている
個性を高めるか、
その個性を磨くことの方が
大切です。


個性を磨くことで、
強みとなり
他者に貢献する
価値となるはず。

他者は変えられないけど、自分は変えることができる

以前にこういった記事を
書きました。

過去と他人より変えられる未来と自分に目を向ける。
過去と他人は変えられないと考えると楽になります。

いくら差別化を考えても
他者を変えることはできません。


もちろん差別化をしても
他者が真似して変わることも
止めることはできません。


けれど、
自分は変えることができます。


自分は何ができるかに
意識を向けて、
努力して変わることに
集中すればいいという
ことですね。

自分や自社に目を向けて追求した結果が差別化になる

税理士の石田さんがブログで
差別化についての
記事を投稿されていました。

つまり、“差別化”は、そのターゲットに、
他者と明らかに違う“個性”を認識されて
初めて成功といえます。

個性が伝わるには、個性を伝えることが必要です。

個性を伝えようとすることが、個性が伝わるための
有効な方策だからです。

他者と異なるポイントを作ることに
注力するのではなくて、
あくまで自分の個性を伝えることが
必要ということです。


個性を伝えて認識されるためには
他者に目を向けるのではなく、
あくまで自分や自社の個性に
目を向けるべきですよね。


どういう考えを持っていて
どういう強みがあって、
何のために、誰のために
活動しているのかに
こだわって努力するからこそ
個性として
認識してもらえるはずです。


認識してもらえるということは
結果として
差別化にもなっていますよね。


しかも自分自身の個性を磨くこと
なので他者が何をするかを
気にする必要ありません。

まとめ

他者と違うことをやる、
差別化の視点を変えて
みましょう。


自分が本当にやりたいこと
胸に秘めた思い、
自分で考えたミッション
をどうやってやりぬくかを
考えてみてはいかがでしょうか。


あくまで自分で信じた道を
進むということ。
差別化は後から付いてくる。


改めて感じたことです。

【編集後記】

冒頭の一本橋、
これはいつかブログに使える!
と写真を撮ったあと、
実際に渡りながら、
橋の上からの景色の写真も
撮ろうと立ち止まりましたが、
危うく落ちそうになりました。。


周りばかり見ることなく
自分に集中しないと
いけませんね^^;


【昨日の1日1新】

・DENDEN さくらあんぱん求肥入り
・お客様が国税庁HPで決算書から
 確定申告を仕上げるところのサポート


【昨日の1日1捨】

・事務所にあった不要紙袋

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>