外れてもいいから計画を作る!計画を作るとできること。

まずは計画を作ってみることです。

20160417

計画を作るとどうしても予測しがち

先々の売上や利益の計画を
作りましょう。


こう提案をしても
計画を立てるのは
難しい。


そう考えている
経営者の方も多いです。


それもそのはずです。


作る計画は実現性が高く、
より正確なものを作りたいと
考えるからです。


正確なものを作ろうとすると
どうしても
「先々の予測」
になりがちです。


半年先まではこれぐらいの
売上の見込みがあって・・・


半年先は分かっても
1年後は分からないことも
多いですよね。


すると
なかなか計画を作ることに
発展しないのです。

外れてもいいから計画を作ること

「外れてもいいから計画を作る。
計画はまず決めることです。」


そうお伝えするようにしています。


なぜそう伝えるか。
こちらの記事で詳しく説明しています。


予測じゃなく決定することです。計画を立てる意味。
予測できないからこそ計画を立てます。 決めないとどこへ流れていくか分かりません。

売上の予測をしても
必ず外れます。


けれど、
人件費や家賃など
経費をどれだけ使うかは
分かりますし、
自分が決めることですよね。


借金の返済も
今も時点で年間いくらの
返済が必要かは分かります。


お金が出ていくことは
ある程度把握できます。


後は入ってくるお金が
どれだけあるのか。


ほとんどは売上のはずです。


仮に去年と同じ金額の売上で
計画を立てる。


去年と同じ売上で入ってくるお金で
今後出て行く予定のお金を
賄えるのであれば
それでもいいです。


もし、お金が足りなければ
借りることも考えないと
いけませんよね。


まずは計画を作ることです。

計画を作ることで、新たなプランが生まれ、実行できる

先1年間の計画を作って、
毎月計画と実績の数字を
一緒に確認する、
そういったサポートをさせて頂く
お客様が増えています。


計画の売上に関しては
去年のある月の実績を
ベースにしたり、
経費や出て行くお金を
上回るざっくりとした
見込み金額だったりします。


けれど、
計画を作って頂いたことに
意義があります。


それは計画を作ったからこそ、
新たなプランが生まれ、
実行できる、
ことです。


計画を作ったお客様では
会社の移転が決まった、
新規出店を予定を立てた、
ということが起きています。


会社の移転や新規出店は
当初の計画には入って
いませんでした。


けれど、
計画を立てて
先々の利益とお金を
確認することで
会社の移転や新規出店が
できそう。


そういった確認ができ、
実行に移すことが
できるのです。


また、先1年間の未来の
数字を確認するので、
何をしないといけないか、
を必然的に考えるように
なりますよね。

まとめ

とにかく先に計画を
立ててみる。


正確じゃなくても
構いません。


計画を立てることが
きっかけになります。


【編集後記】

過去の実績を確認することと
同じくらい未来を確認することが
大切ですよね。


何より未来を考えることは
ワクワクすることです(^^)


【昨日の1日1新】

・ベン&ジェリーズ チャンキーモンキー


【昨日の1日1捨】

・自宅に残していた古い雑誌

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>