これをしないと計画を立てる意味はありません。

同時並行で取り組みましょう。

20161114

※立てたルートを走っているか確認することです。

ゴールがあるからこそたどり着ける

ゴールがあるからこそ
たどり着くことができる。

人の行動を分析すると
こんなことが言えますよね。

マラソンでも
42.195キロ先のゴールが
明確に決まっているからこそ
苦しくてもゴールが
でいるものです。

ビジネスでいうと
計画を立ててゴールを
設定することが
目標の売上や利益への
近道になります。

これをしないと計画を立てる意味がありませn

計画を立てることで
理想とする売上や利益を
確保することができる。

そんな意気込みのもと
計画を立てようとする。

とても大切なことですが、
これをしないと計画を
立てる意味がありません。

それは、
経営の実績を確認するためのに
帳簿を付ける、
会計ソフトへの入力を、
タイムリーに行うこと、
です。

1年間の目標売上や利益を
設定するだけでなく、
帳簿を付けたり、
会計ソフトへの入力を行い
実績がその目標に近付いているのか
どうかを確認する。

そして目標と実績の
ギャップを明らかにする。

ギャップを明らかにするからこそ
初めてそのギャップを埋めるために
具体的に何をするか、
を考えることが
できますよね。

まとめ

計画を立てるだけでは
意味がありません。

経営の実績をタイムリーに
把握するための
帳簿付けや会計ソフトへの入力
ができてこそ
計画を立てる意味
が生まれます。


経営の実績をタイムリーに
把握できる仕組みがなければ
計画を立てることと
同時並行での仕組みづくり
が必要ですね。


【編集後記】

計画を立てたいという
声を頂くこともあるのですが、
帳簿付けや会計ソフト
への入力が追いついていない。

そんなケースにも出会います。

まずは遅れている
帳簿付けや会計ソフトへの
入力をどうクリアするか。

これを決めないと
スタートを切ることもできませんね。

【昨日の1日1新】

・iPhoneアプリ good habits

【昨日の1日1捨】

・古く着なくなったスーツ

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>