減らすことで解決できること。キャビネットも経営も。

減らす意識ですね。

20160702

キャビネット飽和状態を解決

事務所のキャビネットには
お客様の資料などを
ボックスファイルに入れて
保管しています。


ただ、最近になって
キャビネットの中の
スペースが減ってきて
新たなボックスファイルが
入らない事態に。

20160702_1

そこで、
そろそろキャビネットの
追加が必要かなぁ、と。


ただ、出費にもなるので
避ける方法がないかと
考えていたところ、
ありました。答えが。


ボックスファイルを
スリムにする。


従来の幅100mmの
ボックスファイルの
いくつかを
半分の50mmのボックス
入替えてみました。


20160702_2


これだけでキャビネットに
余裕が生れますよね。

減らすことで解決できること

事務所キャビネットの飽和状態は
ボックスファイルの容量を
減らすことで解決することが
できました。


つまり、ボックスの容量を減らす
ことで逆に余裕が生れたのです。


この減らす意識は何も
キャビネットにある書類のため
だけではなく、経営においても
必要ですよね。

業績を把握するまでの時間を減らす

税理士事務所など外部に
会計ソフトへの入力などを
依頼している場合、
業績を把握するまでに
時間が掛かりますよね。


1ヵ月前の成績を見たところで
次をどうしたらいいか、を正確に
判断することができません。


会計ソフトへの入力を社内で行う、
試算表を作成するまでの
業務の流れを見直して
より早く、試算表の数字が
分かるまでの時間を減らしたいですね。

意思決定に掛かる時間を減らす

経営をしていると
ほぼ毎日、何らかの
判断をする場面を
迎えます。


その判断をするまでの
時間をどれたけ減らすこと
ができるかですよね。


意思決定に時間が掛かりすぎる
ことでみすみすチャンスを逃して
しまうこともありますよね。

お金や利益について悩む時間を減らす

会社や事業の先々の
利益が見込みはいくらか、
その計画どおりなら
お金はどれだけ増えるのか、
どれだけ減るのか。


経営者の悩みですけど、
それについて悩む時間を
減らすことができれば
いいですよね。


毎日、お金や利益の心配
をするよりも、
月に1回、先々のお金や利益
について確認する。


それによって
あとの29日間、30日間は
本業の集中できますよね。

無駄な経費や投資を減らす

無駄な経費、投資を減らす
意識も大切です。


例えば、今年度
500万円の機械を2台
買換える予定だったとします。


もし、そのうち1台の機械の
購入を見送るとどうでしょう。


500万円のお金はまるまる
手元に残りますよね。


500万円の利益を稼ぐのに
どれだけの売上が必要
でしょうか?


そう考えると
無駄な買い物を止めることの
インパクトは大きいですよね。

まとめ

会社や事業を経営していると
何かと増やしたいと
考えるものです。


けれど売上や利益、人件費を
増やすにつれて無駄な
経費の支払や投資が増える
ことがよくあります。


だからこそ
減らすことで解決する意識を
持ち続けておきましょう。


【編集後記】

1日1捨を継続していますが、
それだけは減らし切れない
ケースも出てきます。


たまにはまとめて
捨てる日も必要ですね(^^;。


【昨日の1日1新】

・ガゼリ菌SP株ヨーグルト
・ZOOMミーティング


【昨日の1日1捨】

・自宅書棚の書籍

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>