来る人、も来る人もまた。どう対応するかに表れます。

どんな意識を持つか、ですね。

20171023

昔の手帳から出てきた読書メモ

昨日、自宅にあった昔の手帳を
整理していると読書メモが
いくつか出てきました。

そのうちの一つがこちら

「来る人もまた来る人も福の神」

お客さまでじゃなくても

同じように応対すること。

と書かれていました。

もう8年以上前に読んだ本の
読書メモでしたが、
改めて必要なことだなと。

来る人も、来る人もまた。どう対応するかに表れます。

この本を読んだ当時、
感じていたことは、

お客さまへの態度とそうじゃない取引先や従業員との態度が180度変わってしまう方への違和感

でした。

売上という分かりやすい
利益をもたらしてくれる人、組織の
ことは大切にするけど、
そうでなければ大切にしない。

そんな態度や言動に対して
なんかおかしいな
と感じていました。

本当はお客様だけでなく、
取引先だったり
従業員がいるからこそ
売上や利益が生まれるはずです。

「来る人も、来る人もまた、福の神」

そう考えば、
相手の立場によって対応を変える、
なんてことがなくなりますよね。

どんな関わり方であったとしても、
関わりがあること自体は
自分にとってありがたいことです。

もちろん、
相手のことを全く考えずに
関わろうとしてくる方に対してまで
ありがたいと考える必要は
ないと思いますが。

本来、互いに幸せいしあう存在

この本にはこういうことも
書かれていました。

人間は本来、互いに幸せにしあう存在

人間が「人の間」と書くのはそのため

人が幸せになるにはまわりに人が必要

自分自身や自社のことだけでなく、
まわりの人、他社、社会に対して
どう関われるかを
常に意識しておきたいですね。

【編集後記】

京都は暴風警報が解除されて
息子の保育園は開園が決まり
ホッとしています。

が、まだまだ要注意の地域も
多いと思いますので、
大きな被害につながること
がないといいのですが。

【昨日の1日1新】
・photo booth

【昨日の1日1捨】
・昔の手帳

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村