遠距離の予防歯科に通い続ける理由。リピートの条件。

サービスを受ける立場からも考えてみる。

20170723

神戸まで通ってます

ここ数年は年2回のペースで
神戸の歯医者さんに通ってます。

どこか悪いところが
あるわけではないのですが、
歯の状態のチェック、
歯のクリーニングが
主な診療内容です。

年1回はレントゲンも
撮ってもらって、
問題がないことを
確認してもらってます。

いわゆる予防歯科としての
通院ですね。

おかげで虫歯になることも
なく健康な歯でいることが
できてます。

で、もともと、昔、
神戸に住んでいた時に
通い始めた歯医者さんなのですが、
京都に引っ越した今となっても
通ってるんです。

遠距離の予防歯科に通い続ける理由。リピートの条件。

京都から神戸の歯医者さんまで
時間にして約90分掛かります。

それでも、
通い続けています。

年に2回だからというのも
あると思うのですが、
やはり通い続ける理由、
リピートの条件があります。

ここ数年、歯の治療は
必要ない状態をキープ
しているので、
担当の衛生士さんにずっと
見てもらっています。

やはり同じ人にずっと
見てもらえると安心感が
ありますね。

これまでどういった経緯を
経て今があるのかも
理解してもらっています。

だからこそ、
年2回のチェックだけで
済ませることができている
はずです。

歯の磨き方なんかも
指導を受けて、今は
何も言われなくなりましたし。

毎回、毎回の診察で
きちんと結果を残す。

それを繰り返すことがが
信頼感につながり、
積み重ねられた信頼感は
そうそう揺らぐことは
ありません。

それ以外にも
待ち時間が少なく
予約時間に診療がスタートする、
予約日前日に連絡が来ること
など細かい配慮があることも
ポイントです。

リピーターになってもらうための条件

自分自身が
予防歯科に通い続ける
理由を考えると
リピーターになって
もらうための条件が
見えてきます。

1つは、同じ人が見続ける安心感。

担当者がころころ変わって
いるとなかなか安心感は
生まれません。

担当者同士の引継ぎは
行うもののすべての内容を
引き継ぐことは
は難しいでしょう。

そもそも担当者が変わることが
なければ引継ぎを考えなくて
すみますし、お客様にも余計な
心配をかけずに済みます。

2つめは、結果を積み重ねること。

期待に応え続けていくこと。

すぐにできること
ではありません。

ただ、
誰もがびっくりするような
技術やノウハウが必ずしも
必要というわけじゃないんです。

リピートし続けるかぎり
他と比べることもほとんど
ないわけですから。

相手の期待値を
超え続けることで
結果を積み重ねることが
大切ですよね。

まとめ

リピートを続けてもらうためには、
・信頼感を高めることができているか、
・相手の期待値を超えているか。

この2点をしっかり
守っていかないといけませんね。


そして、自分が受けて嬉しいと
感じるサービスを提供できているか。


自分の基準をクリアしているか、
も大切なポイントですね。

【編集後記】

京都から神戸まで通うのは
時間が掛かりますが、
いつもはゆっくり時間を取ることが
できていない読書の時間が
できるなど、
リフレッシュする時間に
しています(^^;

【昨日の1日1新】
・iPhoneアプリ フォトスキャン

【昨日の1日1捨】
・自宅にある不要書類

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村