売上を上げるために必要なこと。分解して順番に。

「売上を上げよう!」じゃ上がらない。

20171031

売上は上げたい

事業をしていると
売上を上げたい、増やしたい
という想いを持つものです。

ある一定以上になると、
これ以上は売上は必要ない、
なんてこともあるかもしれませんが、
その一定の金額になるまでの
売上は必要になるはずです。

「もっと売上を上げていきたい」

「もっと売上を増やしたい」

そんな声も聞くことがありますが
あくまで上げたい、増やしたいのは

「売上」

なんです。

でも、

「売上を上げよう、売上を増やそう」

といくら言っても、
売上が上がらないのが
事実だったりしませんか。

売上を上げるために必要なこと。分解して、順番に。

本当に売上を上げるのであれば
必要なキーワードは、

分解して、順番に

ということです。

まずは、

売上を分解します。

売上というと、

客単価 × 客数 × リピート率

で計算されると
よく言われますし、
私もよく言います。

でも、もっと単純に考えると

客単価(Price) × 客数(Quantity)

に分解できますよね。

1人あたり、1社あたり、
いくらの売上だったかのという
客単価(P)と
何人、何社に購入してもらったかという
客数(Q)のかけ算で
売上は計算されるということです。

分解して

1人あたり、1社あたりの購入金額
である客単価を増やせば
売上は上がりますし、
購入してもらう人数や会社の数を
増やしても売上が上がります。

分解するからこそ
何ができるかが
見えてきますよね。

もっと高い商品やサービスを
買ってもらう、
さらに別の商品やサービスを
買ってもらうことで
客単価を増やそう。

なのか、
とにかく客数を増やしていこう、
という作戦もあるはずです。

順番に

売上を分解したなら、
次は

「順番に」

ということです。

先ほどの
客単価と客数を
どちらから増やすか
ということ。

もちろん
客単価と客数、
どちらも一気に増やすことが
できればいいのですが、
順番に取り組んでみましょう。

客単価と客数であれば、
まずは客単価を上げる方法から
考えてみる。

客単価を上げるために必要なことは
今いるお客さまに対して、
新たな商品やサービスを提案する、
といったことです。

新たに客数を増やすことよりも、
こちらの方が取り組みやすい
ですよね。

今のお客様にさらに喜んでもらう、
お役に立てるためにはどうすれば
いいかを考ればいいわけです。

客単価を上げたうえで、
今度は客数を増やすことを考える。

同じ客数を増やすなら
客単価が高い方が
売上が上がるスピードも早く
なりますし、
同じ売上なら少ない客数で
済むわけです。

まとめ

売上を上げたいのであれば、

客単価と客数に分解する

まず最初に客単価、次に客数と順番に

考えていきましょう。

【編集後記】

売上を上げるためにも
客単価と客数
客数のデータを取り続ける
ことが欠かせません。

まずは
今の客単価と客数を
把握することからですね。

【昨日の1日1新】
・金融機関の方にある取り組み状況をヒアリング

【昨日の1日1捨】
・iPhoneのアプリ

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村