「お金」をいくら貯めるか。目標金額、決まっていますか?

目標があるかないかで大違いです。

20161121

「お金」を貯める目標金額ありますか?

個人であれば
「お金」を貯めるときに
目標金額を設定しますよね。


何歳までには
いくら貯めておきたい。


◯◯万円ためて、
家を建てたい、
車を買いたい
など、
はっきりした金額
であることが多いです。


以前、
ファイナンシャルプランナーの
友人にシミュレーションを
してもらって、
理想の老後の生活をするために
いくら貯めないといけないか
を計算してもらいました。


当然ながらまだまだ
働かないといけませんね。。

「お金」いくら貯めるか、目標金額、決まっていますか?

個人の場合だと
決まっていることも多い
お金を貯める目標金額ですが、
会社や事業の「お金」となると
どうでしょうか?

はっきりと
◯◯万円の預金残高をキープする、
◯◯万円まではお金を貯める、
こういった目標は決めていない、
そんなケースも少なくありません。


でも、
実際には
もし売上がなくなっても
従業員への給与の支払いや
家賃や保険な固定費の支払い
があります。

借入があれば返済するお金も
必要になります。

ということは
いざというときのために
何ヶ月分の固定費や返済の
支払いができる
お金を残しておくか
考えておく必要がありますよね。

また、
将来のビジョンがはっきりしていれば
それに向けて毎年いくらの
お金を貯めるかを決めること
ができます。

たとえば
2年後に店舗のリニューアルを
1,000万円かけて行いたい。


リニューアル工事中は
1ヶ月間売上もなくなるので
1ヶ月分の固定費や返済に
充てるお金として400万円
を残す必要もある。


お金を借りる予定がなければ、
合計1,400万円を
確保する必要があるということです。


2年間で1,400万円なので、
1年で700万円貯めないと
いけないことになりますよね。

まとめ

いざというときにいくらの
お金を残しておくか、
将来のビジョンのために
いくらのお金が必要か。


この2つを考えることで
「お金」をいくら貯めるか
目標金額が決まります。

あとは目標金額に対して
今いくらお金があるかを
確認する。

それによって
毎年いくらお金を貯めて
いくかが決まります。

お金を貯める目標金額が
決まれば、
自然と何をしないといけないか
行動も決まりますよね。

【編集後記】

会社や事業での
目標金額のお金が
既に貯まっていると
できるチャレンジの幅
も広がりますよね。


早くそんな金額に
たどり着きたいです^^;

【昨日の1日1新】

・イーサン ひき肉とバジルの炒め物

【昨日の1日1捨】

・iPhoneのアプリ

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>