「目標」と「目的」、両方ありますか?

どちらか欠けていることも多いような・・・

20161225

どちらかというと「目標」だけが多いのでは

仕事柄、いろいろな
会社や個人事業主の方と
お話しをさせて頂きます。

その話の中で
「今年は売上1億円を目指したい!」

「毎月500万円の売上が目標です」


といった会社や事業の
「目標」
をお聞きすることがあります。

また、一方で
「事業を通じて業界の古い慣習を変えたい」

「従業員とお客様を幸せにしたい」

「新しい文化を創りたい」

といった会社や事業の
「目的」
をお聞きすることもあります。

この「目標」と「目的」、
どちらかというと
「目標」は掲げているけど、
「目的」は明確になっていない。

そんなケースが
多くないでしょうか。

あるいは
経営者の方は
「目的」を持っていても、
従業員の方まで
「目的」が伝わっていない、
こともありますよね。

「目標」と「目的」、両方ありますか?

会社や事業を経営する上で、
この「目標」と「目的」が
両方あることが
とても重要だと感じています。

まず、
「目標」と「目的」
の違いはというと。

「目標」とは
「目的」を達成するための
目安、具体的な指標ですよね。

「目的」とは
本当に実現したい事柄、
使命感を持って取り組むこと
といったものです。

例えば
「目標」だけだったら
どうでしょうでしょうか?


「今年の売上目標は1億円だ!」

「毎月の売上は500万円を目指す!」

もし従業員の立場だった場合、
こういった「目標」だけを聞かされると
どのように感じるでしょうか?

何故、売上1億円じゃないとダメなの?
と思いませんか?

「目標」とは
「目的」を達成するための
目安でしたよね。

ということは
「目的」を伝えていてこそ
「目標」の意味が成り立ちます。

「従業員とお客様を幸せにする」


この「目的」を達成するために
売上1億円は稼がないと
従業員へのボーナスは払えないし、
お客様に対しても十分なサービスが
提供できない。

これが分かると腑に落ちますよね。

売上1億円が達成できなかったら
ボーナスの支払いができない、
お客様に喜んでもらうための
設備投資ができない。

「目標」と「目的」が
両方あることで
はじめて伝わります。

まとめ

会社や事業の
「目標」と「目的」
を言葉にして
明らかにすること。

そして、それを伝えることが大切です。

「目標」だけじゃなく
「目的」まで伝えることですね。

【編集後記】

わが家には
1日早くサンタさんが
来てくれたので、
長男はレゴに囲まれて
楽しい三連休を
過ごしています(^^)

【昨日の1日1新】

・土佐 奈半利町 黒ゴマアイス

【昨日の1日1捨】

・古い年賀状

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>