節税を求めるか、成長を求めるか。

見失わないように。

20170421

いい節税ない?

税理士をしています。

そう言うと、
よく聞かれることは

「いい節税ないですか?」

こんな質問です。

何をもっていい節税なのかは、
会社、人によってさまざまです。

けれど、
昔の自分ならこう考えていました。

とにかく税金を減らす手段を
考えて提案する。

会社から
お金が出ていったとしても、
節税ができればok。

投資しながらの節税でも、
その投資で将来的に手元に戻ってくる
お金が減ってしまったとしても。

今であれば、
節税を求める前に
会社の成長や
将来のためにいかに
お金を残すことが一番で
節税は二の次。

そう考えるようになりましたね。

節税を求めるか、成長を求めるか。

「とにかく節税したい」

そう考える経営者の方が
多い原因として、
税理士の行う提案自体が、
会社の成長やお金を残すことより
節税できればokみたいなことが
あったかもしれません。

でも、節税の前にすることが
あるんじゃないかなと
思っています。

まずは、
事業を成長させて、利益を確保し、
経営者自身、従業員さんの給与も
しっかり支払いできるようにする。

事業の成長や利益の確保、
人件費を増やしてそこで働く
人のモチベーションもアップさせる。

それから必要な節税には取り組む。

経営者が考える将来の理想像に
向かっていくもよし、
会社の経営者や従業員さんが
自分に価値を感じて仕事をして
日々の生活に幸せを感じる
でもいいと思います。

節税を求める前に
実現したいこと、
求めることが何かを
ハッキリさせること。

優先することが何かを
決めることが大切です。

まとめ

節税を求めるのか、
成長を求めるのか。

優先したいことを先に
決めてしまうことで
行動のブレも
なくなるのではないでしょうか。

【編集後記】

私自身の考え方も
最近は変わってきました。

節税方法を追求する前に
会社や事業の成長や
経営者のやりがいや安心感、
従業員さんの幸せ
を追求するために何が必要か。

そんなことを
経営者の方と一緒に
追求することを優先しています。

ですので、
とにかく節税ができて、
税金の支払いだけが
少なくなればいい、
そういったことだけを
お考えの方には
いいサービスは
できないと思います(^^;

【昨日の1日1新】
・ドールスムージー バナナブレンド

【昨日の1日1捨】
・Macのゴミ箱を空にする

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村