なぜ、新幹線から富士山の写真を撮るのか?

思わず動いちゃいました。

20180413

思わず行動してしまうこと

「みなさま、左手に富士山をご覧頂けます。

どうぞしばらくお楽しみください♪」

昨日、東京へ向かう新幹線の中で
こんなアナウンスが聞こえてきました。

このアナウンス、
これまでも聞いていたと
思いますが、
いつもは聞き飛ばして
いたんでしょうね。

このアナウンスの後、
車内は少しそわそわした
雰囲気になりました。

そして、
カシャカシャと
携帯で写真と撮る音が
周りから聞こえてきます。

と思っていたら
自分でも思わず写真を
撮っていましたね。

20180413_2

これまではFacebookなどで、
新幹線からの富士山の写真が
投稿されていても、
なんで誰もがこの写真アップ
するんやろ?

そう思っていたんです。

でも、このアナウンスが
その理由の一つだったんですね!
今更ながら謎が解けました。

思わず行動してしまう理由

誰もが新幹線から思わず
富士山の写真を
撮ってしまうこと。

それには、
適切なタイミングで
適切な言葉を選んだ
アナウンスが
あったから。

「みなさま、左手に富士山がご覧いただけます。」

これは普通ですよね。

でも、

「どうぞしばらくお楽しみください♪」

この言葉の選び方が
上手いなと思いました。

って、私だけですかね。。

まず

「しばらく」

という言葉があることで、
一瞬で見えなくなる、
といった不安がなくなります。

別のことをしていても
ちょっと手を止めて
写真を撮る準備をする
時間があることが
分かりますよね。

もし、

「しばらく」

がなかったらどうでしょう?

「どうぞお楽しみください♪」

だけだったら。

すぐ見れなくなったら
どうしよう、
と慌てますよね。

さらに

「お楽しみください」

です。

この言葉だと、
乗客に自由を与えていますよね。

ただ眺めるだけてもOKですし、
写真を撮ってもOKです、
もちろん見なくても、
みんながいっせいに
写真を撮る様子を
楽しむのもOKです。

もし、

「シャッターチャンスです!」

と言われたら。

写真を撮ってくださいと
指示されたようなもの。

人は誰でも指示されたく
ないものです。

指示ではなく自由に選択の幅を
持たせることで、
逆に思わず行動してしまうの
でしょうね。

適切なタイミングとことば

人に何かを伝えても
なかなか動いてもらえない。

そんなことありますよね。

でも、
そもそも
動いてもらえるような、
思わず動いてしまうような

適切なタイミングで
適切なことばを
選んで伝えることが
できているでしょうか?

「そんな言い方せんでもいいやん」

「今、それ言うの?」

そんな受け止め方になること
ありますよね。

人に行動してもらいたいのであれば
適切なタイミングを見計らって
相手目線で
思わず行動してしまう、
そんなことば
を選びたいですね。

【編集後記】

昨日の東京出張では、
あるところでの打ち合わせの後、
日本キャッシュフローコーチ協会の
強化研修会に参加してきました。

短時間で集中したインプット
ができました^ ^

学んだことを活かして
いきたいですね^^

【昨日の1日1新】

・グーグルフォトからメール送信
・コレド日本橋
・ザ ミートロッカー セラーアンドグリル
・ココ滋賀
・茅場町ウォールストリート

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村