仕事が忙しい=儲かっている。従業員さんの誤解を解くために必要なこと。

誤解を解く努力が必要です。

20170620

経営者の悩み・・・

何人かの経営者の方から
聞くことです。

「従業員は仕事が忙しいから儲かっていると思ってる」

「うちの従業員、会社のお金のことを気にしてくれない」

「従業員は誤解していると思うんですよね」

経営者自身は、
たとえ仕事が忙しくても
安心できるわけでもなく
将来の仕事のこと、
会社のお金のこと、
社内の人間関係のこと、
悩みは尽きません。

けれど、
従業員さんが
そんなことを全て心配
するわけではありません。

当然、
経営者と従業員との間では
持っている情報量が違います。

情報量が違う限り、
経営者とは危機感が違って
当たり前なんです。

経営者が従業員さんに伝えたいこと

経営者と従業員さんとの間で
危機感が違うことは当たり前。

けれど、
経営者としては、
従業員さんの誤解は解いて
おきたいですよね。

仕事が忙しいから、
儲かっているとは限らない。

残った利益を全て経営者が
自由にできるわけでなく、
借金を返したり、
設備の投資にお金を
回さないといけない。

自分は役員報酬をもらっているけど、
会社の調子が悪くなれば
自分のお金も会社に入れないと
いけない。

こんなことを
従業員さんに伝えておきたいはず
ですよね。

従業員の誤解を解くために必要なこと

従業員さんの誤解を説くため、
会社のことをより詳しく
伝えればいいんでしょうか。

確かに、
経営者自身でもいいですし、
外部も専門家でもいいと
思うんですけど。

会社の現状や
なぜ利益が必要かは
説明すれば従業員さんも分かって
くれるでしょう。

けれど、それだけだと

「ふーん、そうなんだ〜」

「社長、頑張ってくださいね」

とあくまで他人事に
なる恐れがあります。

じゃあ、従業員さんの誤解を
説くためにどうすればいいか。

なぜ、会社のお金の話しを
しないといけないかの理由。

それも、
従業員さんにとっての理由を
伝えることです。

会社が利益を出して、
お金を残すことが
従業員さんにとって必要である
ことを伝えることができると
どうでしょうか。

従業員さんの家族を守り、
従業員さんのキャリアアップや
夢の実現にもつながる。

そのために、
売上を上げることも
利益を残すことも
必要であること。

ここまで伝えることができれば
誤解も解くことができ
従業員さんの行動も
変わるのではないでしょうか。


【編集後記】

ただいま東京へ移動中で、
この後、はじめて行う仕事があります。

活動の範囲が広がることに
嬉しさを感じつつ、
こんな環境を頂けることに
感謝ですね^^

しっかり頑張らないと(^^;

【昨日の1日1新】
・あるバッチファイルの作成

【昨日の1日1捨】
・PC(Mac側)のゴミ箱を空にする

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>