価値を高める、伝える前に必要なこと。価値のズレを感じること。

ズレていたら意味がありません。

20170607

粗利を高めるために必要なこと

先日、事務所にお越し頂いた
ある経営者の方と話しをしていた
ときのことです。

自社の商品やサービスの
価値をいかに高めるか、
そしてそれをいかに伝えていくか。

それが利益を高めることに
なりますよね〜。

そんな話しをしていたのですが、
その経営者の方からはこんな
反応がありました。

「価値を伝えてもなかなかうまくいかないんです・・・」

価値を高める、伝える前に必要なこと。価値のズレを感じること。

自社の商品やサービスの
価値を高めて、
その価値を伝えても
うまくいかない。

なぜでしょうか?

「この商品は○○の機能があって、□□に優れているんです」

「このサービスを受けて頂くことで△△が実現します!」

どんなに価値を伝えようとしても
相手にとってその価値が
響かなければ、モノやサービスも
売れません。

なぜ、相手にその価値が
響かないかというと、
自社と相手で
価値を感じるところに
ズレがあるからです。

商品やサービスを購入する側
からすると
その商品に○○の機能があること
そのサービスで△△が実現すること
は全く求めていないもの
だったりします。

にも係わらず、
それを相手に
価値として
伝えようとする。

いくら伝えても
意味がないですよね。

まとめ

価値を高める努力も
相手が価値と感じない部分を
高めても意味がありません。

相手が価値を感じない部分を
伝えても意味がありません。

まず価値にズレが生じていないか
自社、自分の立場ではなく
相手にとっての価値が何かを
見つける努力が必要ですね、

【編集後記】

価値提供する、

よく言われますけど
この言葉一つでも
「誰」にとっての
価値なのか確認しないと
いけませんね。

【昨日の1日1新】
・iBUFFALOのヘッドセットを使ってZoom会議

【昨日の1日1捨】
・長男の保育園の上履き(新しいものに)

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>