浪費にせず、投資にするために。売上に置き換えて考える。

売上に置き換えるとちょっとびっくりします。

20170822

買ってから後悔すること

衝動買いで失敗すること
ありませんか?

これは読みたい!

そう思って買った本でも
すぐ読むことができずに
しばらく積ん読状態に
なるものもあります。

期間が空いたとしても
そんな本も読むように
していますが、
中には時間が経つうちに
その本を読む理由が
なくなってしまうことも
あるんですよね。

このブログ、妻もたまに
読んでいるので
大きな声では言えませんが、
そのままブックオフに
直行した本もあります。。

そんなにないんですけどね・・・。

浪費にせず、投資にすること

仕事のために買った本でも
読まずに処分してしまうと
浪費になってしまいます。

本当なら
その本を読んで新たな
知識を身に付けたり、
発想力を磨いたり。

自分にとっての
投資にしたいですよね。

本に限らず
事業でお金を使った時に
浪費にせず、
投資にするために
どうするかを考えてみました。

そのお金を使った後をイメージする

モノを購入した。
サービスを利用した。

ただ、購入したいモノを購入した、
ただ、利用したいサービスを利用した。

となっていないか
イメージしてみる。

購入したモノがあることで
そのサービスを利用することで
何が変わるか、
何を変えるかが
イメージできるといいですね。

売上に換算してみる

そのお金を使うのに
どれだけの売上が必要か
考えてみる。

例えば20万円のPCを予定外に
購入する場合。

その20万円を稼ぐのに
どれだけの売上が必要か
一度換算してみましょう。

例えば、
売上が1億円で、
経常利益が500万円の場合、
経常利益率は5%です。

この時、
新たに20万円の利益
を稼ごうと思うと、
400万円の売上が
必要になるわけです。

そうなるとちょっと考えますよね。

もともと、
20万円の買い物を
計画に組み込んでいるなら
いいのですが、
そうでないとしたら。
一度、売上に換算してみましょう。

実際にどうつながったかを確認する

実際にモノを購入した、
サービスを利用した。

その後、実際にどう変わったかを
確認することです。

広告宣伝費を支払った。

じゃあ、
その広告宣伝費で
どれだけ問い合わせがあり
どれだけ売上、利益に
つながったか。

次も同じ広告宣伝をするのか、
次は内容を変えて広告宣伝を
するのか、
次はやめるのか。

振り返りを行うことですね。

まとめ

お金を使う前にふと
立ち止まって確認する。

確認してOKなら
次に進んでみましょう。


【編集後記】

気になる本があっても
まずはAmazonの欲しいものリスト
に入れるようにしています。

後日、欲しいものリストを見て
それでも必要な本か確認する。

欲しいものリスト止まりの
本も結構ありますね(^^;

【昨日の1日1新】
・ヨーカフェ パーティーランド心斎橋店
・京阪プレミアムカークラブ登録

【昨日の1日1捨】
・不要なメルマガの配信解除

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村