0から1にできているか。仕事の価値。

これがあるのとないのとは大きな違い。

20170212

確定申告相談会場で感じたもう1つのこと

先週金曜日の
確定申告の相談会場で
感じたことがもう1つあります。

1つは昨日の記事のことです。

受け入れる姿勢と伝えきる姿勢。確定申告相談会場でのこと。
どちらの姿勢も大切ですよね。 ※こちらは確定申告相談会場とは関係ありません(^^;

相談員として、
確定申告に関する相談を
受けていて気付いたことは
確定申告に関して知られて
いないことがまだまだ
多いということです。

青色申告のメリットや
ふるさと納税のしくみ
であったり、
必要な添付書類が何か、
など。

これらを全て把握して
自分自身で確定申告を
するのは
ハードルが高いです。

ハードルが高いと、
確定申告は面倒なもの。

そう感じてしまっても
仕方ない面がありますね。

もっと簡単に手続きできる
仕組みになるといいのですが。。

0から1にできているか。仕事の価値。

確定申告を自分でするのは難しい。

だからこそ、
税理士に仕事の依頼もある
のですが、このときに
どんな価値を提供しているかを
意識しないとと感じます。

ただ、確定申告書という書類を
作成するのではなく、
確定申告の仕事を受けたからには
今までできていなかったことを
新たに行う、
ご存じでなかったことをお伝えする。

つまり、
0だったものを1に変えること。

これがあるかどうかが
仕事の価値を決めます。

0から1にする仕事ができているかは
何も税理士の確定申告の仕事に
限ったことがではありません。

どんな仕事でも言えることです。

例えば、
モノを販売する仕事でも、
ただそのモノをお金と引き換えに
渡すのではなく、
そのモノを効果的に使う、
使用方法の工夫を教えたり、
そのモノがどういう経緯で
生まれたのかのストーリーを
伝えたり。

お客さまにとって
今まで知らなかったことを
知ることができた、
できなかったことが
できるようになった。

0から1になることにの
価値は大きいですよね。

まとめ

相手の0を1にすることに
仕事に価値があります。

初めてのお客さまに
対してそんな価値を
提供することはもちろんですが、
リピートして頂ける
お客さまにもそんな価値を
提供できているかを
意識しておきたいですね。


【編集後記】
昨日の京都は
朝に少しばかり雪が
積もっていましたが
午前中にはすっかり
なくなっていました。


この冬は車のタイヤを
スタッドレスに交換せず
過ごしているので、
あまり雪は降らないで
欲しんですが・・・。


【1日1新】
・近所の回転寿しのお店
・長男の地図本


【1日1捨】
・古く使っていない会員証、診察券など

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>