会計ソフトの選び方。クラウドだからOK、ではありません。

トータルで判断することです。

20160803

よくオススメする会計ソフトはクラウド型ですが

「どんな会計ソフトを選べばいいですか?」


そういう質問を頂くことが
よくあります。
そのときに個人的にお勧め
するのがfreeeMFクラウドです。


なぜおお勧めするかというと
どちらも自分自身で
使ってみてメリットがあると
感じることができているからです。


経理業務を簡単にでき、
経理のスピードアッにより
経営判断に役立てる意味でも
メリットを感じています。


じゃあ、
クラウド型じゃない、
PCにインストールする
タイプの会計ソフトは
どうか?
と聞かれると、こちらは
あまりお勧めしていません。


ソフトのバージョンアップや
税理士(会計事務所)との
データのやりとりに時間が
取られることが
もったいないからです。


クラウド型とインストール型の
違いはこちらの記事で。

会計ソフトの選び方。クラウド型?インストール型?それぞれの特徴を理解しておきましょう。
クラウド型?インストール型?それぞれの特徴を理解しておきましょう。

会計ソフトの選び方。クラウドだからok、ではありません。

先ほど出てきた
freeeやMFクラウドといった
ソフトをお勧めするのは
私がサポートを行うケースや
自分自身で個人の確定申告まで
を完結できるケースの話です。


会計ソフトの選び方として、
クラウドだからOK、
というわけではないですし、


税理士(会計事務所)と
顧問契約を結ぶ場合には、
会計ソフト自体の善し悪し
だけでなく、
税理士(会計事務所)の
フォロー体制も踏まえて
会計ソフトを選んだ方が
いいです。


いくら世間で
クラウド型が良いと言われていても、
クラウド型に詳しくない税理士
(会計事務所)がフォローすると
なるとどうでしょうか。


一方、クラウド型じゃなく
インストール型のソフトでも、
そのソフトにめちゃくちゃ詳しく、
より経理を簡単にできる
フォローを受けることができる
とどうでしょうか。


この場合、
断然、後者をオススメします。


そもそも会計ソフトを選ぶ際、
クラウド型を入れることは
目的じゃありませんよね。


経理業務を効率化でき、
本業に集中できる、
経営に役立つ経理にすること
が目的のはずです。

まとめ

会計ソフトはクラウド型だからOK、
ではありません。


税理士と顧問契約を結ぶ場合には
フォロー体制も含めて選んだほうが
いいですね。


そもろもその税理士(会計事務所)
がどんなソフトに対応しているのか、
どんなフォローをしてくれうのか
をよく確認しておきましょう。


【編集後記】

昨日は午前、午後ともに
それぞれのお客様の先で
クラウド会計ソフトの設定業務
でした。


クラウド会計は最初の設定次第で
後々の業務効率が変わるので
最初の設定作業が重要ですね。


【昨日の1日1新】

・リッチモスチーズバーガー


【昨日の1日1捨】

・事務所にある不要書籍

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>