ひとりもいいけど、二人三脚もあり。同時並行の視点。

二人三脚の可能性です。

20171026

クラウド会計のメリット

私のほとんどのお客様には
ネット上で動くクラウド会計ソフト
をご利用頂いています。

理由は
クラウド会計ソフトを
ご利用頂くことで得られる
メリットが多いから。

そのメリットの1つに
こんな視点があります。

「同時並行の視点」

追加で費用を支払わない
料金プランであっても
同時に複数人が会計データを
触ることができます。

なのでこんな場面も。

経営者ご自身や経理の方が
クラウド会計ソフトで
データ入力をするかたわら、
同時並行で
私もクラウド会計の
データのチェック、修正を行う。

同時並行で業務ができるので、
お客様も私もその場で
互いに質問しながら
疑問点を解消でき、
一気に経理業務が進むんです。

私にとってもその場で
会計のチェック、税金の計算に
必要な資料の写真データを
収集できるのでとても効率的です。

クラウド会計でなければ、
ソフトのバージョンアップなどをしない限り、
同時並行で作業ができないことが
ほとんどなんです。

クラウド会計をご利用頂いて
よかったと感じるタイミングですね。

ひとりもいいけど二人三脚もあり。同時並行の視点。

経営者や経理の担当者の方が
ひとりで経理業務を進めるのではなく、
クラウド会計ソフトを使って
税理士と二人三脚で業務をすることで
処理スピードが一気に上がります。

ひとりもいいけど、
同時並行の視点で
二人三脚で行うことを
うまく取り入れる。

何もクラウド会計を使った経理業務、
に限った話じゃありません。

今後の事業の展開を考える際に、
経営者がひとりで考えるだけでなく
第三者の専門家にも一緒に考えてもらう。

ひとりでは気付かない盲点に
気付かせてもらうことができますよね。

他にも
数字が苦手な経営者の方が
ひとりで数字の計画を立てるのではなく、
数字に強い幹部社員や専門家の
チカラを借りる。

すると、
数字が苦手で計画を立てることが
なかなか進まない、なんてことが
なくなりサクサク計画ができる、
かもしれません。

新しい事業やイベント、
店舗の立ち上げに際して、
経営者である自分ではなく
社員さんを責任者にして、
自分はフォローに回ってみる。

その社員さんにやる気が生まれ、
できる業務を増え成長につながる
可能性があります。

同時並行の視点を持って
ひとりじゃなく、
二人三脚をうまく活用すること
によるメリットです。

まとめ

何事もひとりでやらないと、
と考えるより、
二人三脚でできることも
うまく活用すること。

同時並行の視点を持って
できることはありませんか。

【編集後記】

先日もお客様との打ち合わせを
早めに済ませて、残りの時間を
経営者の方と2人で
黙々とクラウド会計での
データ登録やチェックを行って
いました(^^;

お互い疑問点や必要な資料を
お願いするメールを送ったり、
読んだり手間がなかったので
とても仕事が捗りましたね^^

【昨日の1日1新】
・お客様の新しい拠点で打ち合わせ
・モスカフェ バニララテ

【昨日の1日1捨】
・自宅にある不要書類
※「この古い資料、要らないよね?}
と妻が出してくれた私の資料を
粛々と捨てる今日この頃です(^^;

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村