売上だけの目標はやめましょう。利益目標ありますか?

売上だけを目標にするとよくないこと。

20160311

空ばかりを見ずに足下も。

売上だけの目標にしてしまう

「今期の売上は○億円をめざします」

「月売上で□□万円は確保したい」


来年の目標や今期の見通しを
伺ったときに
よく返ってくる答えです。


続いて、
どれぐらいの利益が目標かを
確認すると・・・
答えが返ってこないことも多いです。

売上だけの目標にすると粗利益を失う

売上だけの目標にしたときに
発生するのが「値引き」です。


売上目標があって、
あと少しの売上で目標に届く。


こんな時に簡単に「値引き」
をしてしまう。


こんなことありませんか。


経営者自らが値引きをすることも
ありますが、
売上だけのノルマが与えられている
営業マンならなおさらです。


値引きをしても目標売上さえ
達成すればいいですよね。


けれど「値引き」をすることで
粗利益を失ってしまうのです。


「値引き」がどういう影響を与えるかです。

20160311_1

会社や事業を運営するには
売上から仕入や外注といった
売上の変動に伴って発生する変動費を
差し引いた粗利益が必要です。


仮に10%値引きをした場合だと
こうなります。

20160311_2

売上は100から90へと
10%値引きしただけなのに
粗利益は50から40と
20%も減ることになります。


その粗利益から人件費や家賃など
の固定費を引いたら
利益はもうありません。


借入金の返済がある場合には
この利益から支払います。


この利益がなくなったら
どうでしょうか。


値引きの影響がいかに大きいかが
分かります。


粗利益は減らさない、
むしろ増やすと考えると
なかなか値引きはできない
はずです。

売上だけの目標より利益目標を重視する

もちろん売上がないと
会社や事業は存続しません。


けれど、
いくら売上を上げても
粗利益が残らなかったら
給料も支払えないし、
経費も払えない、
借入金の返済も滞ります
よね。


売上だけの目標だけじゃなく
利益の目標を持つように
しましょう。


特に粗利益が大切です。

【編集後記】

確定申告の業務もあと一息です。
世間で言われているほど
多くないのですが。


確定申告以外の仕事をあまり
止めずにやっていたら
期限がちょっと迫ってきましたね(^^;


確定申告をご自身でされる
かたはお早めに。

確定申告書の提出が遅れたら。どんな影響がありますか。
3月15日の期限までに確定申告書が出せなかった時の影響です。


【昨日の1日1新】

・モス ライスバーガー焼肉


【昨日の1日1捨】

・税務の定期購読誌(過去分の残りの半分)
→今は紙をやめてWebのみの契約です

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>