桜の季節に感じること。あと何回?

今が大切ですね。

20160327

京都もいよいよ桜の季節です

京都もいよいよ本格的な
桜の季節が近付いてきました。


昨日、平安神宮などの近くである
岡崎の琵琶湖疎水の横を車で
通ると桜もチラホラと。


車だったので、写真はありません。。
すみません。。
トップの写真は去年の賀茂川です。


桜の季節になると
心も軽くなりますよね。

桜の季節に感じること

心も軽くなる桜の季節ですが、
この季節に毎年に感じることがあります。


それは
「あと何回、
桜を見ることができるんだろう」
ということです。


これは私より十数年年上のある方が
言っていた言葉です。


桜を見て楽しくなると同時に
あと何回見ることができるか、
を考えるとのこと。


この言葉を聞いて以来、
私自身ずっと頭に残ってます。


来年には40歳を迎えます。


80歳まで生きるとすれば
あと約40回、
桜を見ることができます。


40回って聞くと、
何となく少なく感じませんか?

今の時間を大切にしたい

40回を、
「あと40回も」
と考えるか、
「あと40回しか」
と考えるかは
人それぞれです。


けれど、毎年、
桜の季節を迎える度に
42回、41回、40回という具体的な
数字を認識することで
考え方も変わります。


「今の時間を大切にしたい」と。


限られた時間の中で、
今、何をやって
何はやらないのかを
日々考えないといけませんね。


なかなかそうできてない
自分もいるので反省も
していますが。

まとめ

「あと何回
桜を見ることができるか?」


桜の季節に数えてみては
如何でしょうか?

【編集後記】

京都・岡崎の琵琶湖疎水の
十石舟めぐり、
昨日3/26から運航開始した
ようですね。


一度は乗ってみたいです。


【昨日の1日1新】

・スープが飛び出す生ウインナー


【昨日の1日1捨】

・保湿剤を使い切る

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>