「ワクワク」ランチミーティングのすすめ。

せっかくならワクワクする方法で。

20170511

積極的に活用しています

昨日のお昼は
ある専門家の方との
ランチミーティングでした。

その方とはタッグを組んで
あるお客さまのサポートを
していることもあり、

・今後のお互いの役割分担
・お客さまに対する連携したサポート方法
・お互いの理解を深める情報共有

についてミーティングを行い、
とても有意義な時間になりました。

また、同じような考えを持って
おられる方なので、
前向きな話しが多く
ワクワクするミーティングと
なりました。

こういった
「ワクワク」ランチミーティング、
をよく活用しているんです。

「ワクワク」ランチミーティングのすすめ

「ワクワク」ランチミーティングを
よく活用するのには理由があります。

1.  限られた時間でミーティングが効率的になる

ランチミーティングは
あくまで昼ご飯を食べながらの
ミーティングですから、
時間制限があります。

昼休みの1時間以内でだったり、
それ以上のこともありますが、
そのお店にいる以上あまりの
長居をするわけにいきませんよね。

それに、午後に次の予定も
控えているとなると、
限られた時間で
そのミーティングの目的を
達成する必要があるので
ミーティングも効率的になるんです。

2.  いつもと違う空間に美味しい料理で発想が広がる

いつもなら社内で、事務所内で
の打ち合わせとなります。

レストランなどを選ぶとしても
自然とミーティングに適した
座席があるところになりますよね。

カウンターしかない
ラーメン屋さんで
というわけにもいきませんし。

いつもと違う空間で、
さらに美味しい料理を
食べながらのミーティング
となればどうでしょう。

普段、思い浮かばないアイデア
なんかも浮かんだりするものです。

発想が広がるメリットがあります。

3.  お店選びなどでおもてなし力が鍛えられる

ランチミーティングの
お店選びをすることが
おもてなし力を鍛える
ことにもつながります。

どのエリアで、
どんなジャンルの料理で、
どんなお店で、
どんな金額帯で、
どんな座席があって
と相手のことを考えながら
お店選びをしますよね。

お客さまとのランチミーティング、
提携しているパートナーとの
ランチミーティング、
部下とのランチミーティング。

いずれにしても
相手を想ってお店選びを
することが大切ですし、
それが自分のおもてなし力
アップにもつながるんです。

ランチミーティングではダメのとき

この「ワクワク」する
ランチミーティングでは
ダメなときもあります。

それは、
ネガティブな議題
になることが
分かっている時です。

深刻な問題についての
議論が必要なとき。

部下に対して注意しないと
いけないとき。

こんな時は
ランチミーティングは
避けた方がいいですね。

料理は美味しく頂きましょう。

まとめ

同じミーティングでも
せっかくなら
「ワクワク」ランチミーティング
を活用してはいかがでしょうか?

【編集後記】

ランチミーティングじゃなく、
夜に食事をしながらでも
と思われるかもしれません。

個人的には子供のことなどで
夜にそれほど多く予定を
取ることも難しいという
理由もありますが。

それに夜だと、
ミーティングと称して
お酒も入って、
結論ないまま終わってしまった、
なんてことありませんか(^^;


【昨日の1日1新】
・ある士業の方と初めてのランチミーティング
・モス バナナはちみつスムージー

【昨日の1日1捨】
・不要なメール案内の配信停止
・着ることがなくなったジャケット

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>