Googleカレンダーで振り返る。過去の自分を確認すること。

デジタルでしかできないことを活用する。

20171130_1

思わぬ喜びの声

以前にある経営者の方から
喜びの声を頂きました。

「これ、取り組んでほんとよかったですよ〜」

そう言って頂いて
嬉しかったものの、
そもそも何に対して
よかったのか、
さっぱり分かりませんでした・・・。

よくよく話を聞いてみると
1年くらい前にご紹介した
Googleカレンダーを気に入って
最近ではフル活用している、
そんなお話しでした。

紙の手帳では管理しきれない
ぐらい予定が増えたものの、
Googleカレンダーで予定を管理
することになって、
日程の変更や調整も簡単に
できるようになったとのこと。

こういったことでも
お役に立てたことが分かると
嬉しいものですよね。

Googleカレンダーで過去を振り返る

スケジュールの管理は
Googleカレンダーのように
デジタルで行うのか、
手帳でアナログで行うか
に分かれますよね。

手帳を使って
先々のスケジュール
だけでなく、
将来のビジョンや
日々の行動記録を
残していく。

PCやスマホを使用せず、
手帳をフル活用することも
魅力的ですが、
やはりスケジュールの管理は
デジタルで行うのがいいと
考えています。

なぜなら、
手帳のようにアナログの
スケジュールの管理では
できないことが
あるからです。

それは、

過去のスケジュールを振り返ること

です。

手帳だと、
その手帳を使っている期間内でしか
振り返ることできませんよね。

例えば、
Googleカレンダーのようにデジタルで
管理していると、

今年の12月の予定を確認しつつ、
去年の12月、おととしの12月、
さきおととしの12月の
予定も確認できますよね。

20171130_2

※去年の12月の予定

去年の予定を確認しながら、
今年もやらないといけないこと
を確認することができます。

さらに、
例えば12月と特定して、
おととし、去年、今年
のスケジュールを確認することで
過去の自分を確認することも。

過去の自分と現在の自分を
比べることで、
自分が成長したことを
確信できて自信につながること
もあるでしょうし、
今年の予定が以前と変わりない
ことにがっかりすることも
あるでしょう。

どちらにせよ、
過去の自分を確認することが
次の行動を起こそうという
モチベーションにつながりますよね。

まとめ

Googleカレンダーのように
スケジュールを管理するメリットは
ただ単にスケジュールの変更がしやすい、
PCやスマホで予定が確認できる。

それだけではありません。

過去の自分を振り返ることで
これからの行動につなげること
もできますね。

【編集後記】

スケジュールをデジタルで
管理するもう1つのメリットとして
「共有」できることも
大きいですね。

仕事で関係する人には
Googleカレンダーの一部を
共有する。

家族とは
Timetreeのような共有を目的とした
カレンダーアプリを使用する。

特にTimetreeを使い始めて
妻とのスケジュールの調整が
とてもスムーズになりましたね^^

よかった、よかった(^^;

【昨日の1日1新】
・Googleハングアウト
・ELECOMワイヤレスキーボード
・事務所の机のレイアウト変更

【昨日の1日1捨】
・事務所の不要書類

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村