システムやソフトも完璧とは限らない。求めるだけじゃなく柔軟に。

切り替え力が求められます。

20170606

※橋がダメなら船を使う、みたいに。

税務ソフトでハマる・・・

昨日から今日にかけて
久々に税務ソフトに
ハマりました。。

もちろん、
ゲームソフトにハマった、
みたいに夢中になって
操作した〜、
というわけじゃありません。

入力した内容は正しいはずなのに、
出てくる結果が思うようなものに
ならない。

マニュアルを見てもその理由が
分からない・・・。

別の入力方法があるのか
いろいろ試したものの
うまくいかない・・・。

こんなハマり方でした・・・。

そしてあきらめて
コールセンターに電話。

分かったことは、
ソフトの仕様上では
求めている結果が出ない、
ということ。

ただ、解決方法として、
ソフトの計算に任せるのではく、
強制的に数字を手入力する、
方法を教えて頂きました。

そっかぁ、
確かにそんな方法もあったな、と。

システムやソフトも完璧と限らない

普段使っている
システムやソフトは
計算できて当たり前、
思いの操作ができて
当たり前。

そう思い込んでいること、
ありませんか。

もちろん、
完璧に計算できて
操作できないと
いけない部分の
機能もあります。

けれど、
100%の機能を
システムやソフトで
カバーできるとも
限らないです。

計算できないこと、
実現できないこと。

こんなことが
出てきたときに、

「何でできないの!」

とイライラしても
仕方ないですよね。

システムやソフトで
出来ないことが
見つかったとしても、
いかに早く切り替えて
次の手段を考えるか。

そんな切り替えの早さ
が大切ですよね。

求めるだけじゃなく柔軟に

完璧じゃないのは
システムやソフト
だけではありません。

たとえば、
社内にある人事や給与など
各種制度だったり、
業界内の慣習だったり。

これも完璧なものとは
限りません。

うちの人事制度は
○○だから〜、
うちの業種では
□□するのが慣習だから、
だからできないんです。

みたいに、
嘆く人がたまに
いたりしますが。

それより
今ある制度や慣習、
システムやソフト
でどう対応できるかを
柔軟に考えるように
したいものです。

まとめ

できて当たり前という
思い込み、
完璧を求める姿勢
だけではうまくいかない
こともあります。

そんな時に
求めるだけじゃなく
自分がいかに
柔軟に対応できるかを
考えたいですね。

【編集後記】

昨日はお客さまのところでの
ホームページリニューアル
に向けた会議に参加してきました。

ホームページをどう作るか
という話しだけでなく、
日々どんな風に仕事をし、
何に気を配っておられるのか
そんなことが聞ける貴重な
機会になりました(^^)

【昨日の1日1新】
・お客様とHP作成業者さんとの会議に参加

【昨日の1日1捨】
・事務所にある冊子類


※郵送書類で不要なものは
その都度廃棄するのですが。
その場で残してしまう書類
もまだまだ多いですね・・・

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>