預金残高で安心感と時間を作る。売上よりも利益もより大切なもの。

預金残高を増やしていきましょう。

20180325

どちらが安心できますか?

会社や事業を経営する立場だと
すればどちらが安心しますか?

借入はないけどお金もそれほど多くない

借入はあるけどお金もそれなりにある

仕事柄多くの会社や個人事業の方の
数字を見ていますが、
経営に安心して取り組まれているのは

借入はあるけどお金もそれなりにある

パターンですね。

お金もそれなりにあるだけで
余裕があるんです。

今月の支払いをどうしよう。

そんな悩みがあれば、
支払いをできるようにするために
すぐに売上を上げないといけない。

どうしても
そんな考え方になります。

将来のことを考える余裕なんか
ありませんよね。

預金残高で安心と時間を作る

経営者の理想の状態に
会社や事業を導く、
社員さんには安心して
働いてもらう。

そのためにも

預金残高で安心と時間を作る

意識を持つこと。

売上や利益を増やすことは大切です。

けれど、
それ以上にどうすれば
お金の残高、預金残高
を増やすことができるか
を考えましょう。

預金残高を増やす方法には

・金融機関からお金を借りる

・経費を節約して支払いを減らす

・粗利益(売上−原価)を増やす

・お金を使わない方法で節税する

・使わないモノを売ってお金に換える

といろいろあります。

常に何ができるかを
意識するだけで
行動に結びつきますし、
実際の預金残高にも
結果が表れますよ。

借入をする効果

預金残高を短時間で一気に
増やす方法は借入をすることです。

借入をすることに抵抗を
感じる経営者の方も
少なくありませんが、
借入をしたからこそ
安心と時間が生まれ
事業が伸びる。

そんなケースも少なくありません。

借入をしない場合とした場合で
どう変わるか見てみましょう。

例えば、
1ヶ月の中でも
預金残高が多いときには700万円、
少ない時には200万円になる場合です。

スクリーンショット 2018-03-25 7.18.47

売上を維持できて、
入金される限り
問題ありません。

けれど
何らかの事業で売上入金が
止まった、
多額の経費を支払わないと
いけなくなった、
そんな場合に途端に
お金が足りなくなりまよね。

一方で、
同じ会社が借入をした場合です。

スクリーンショット 2018-03-25 7.19.19

預金残高が多いときは1,200万円、
少ない時でも690万円あるわけです。

もし、
売上の入金が止まっても
予想外の多額の経費が
発生しても
なんとかなりますよね。

まとめ

どんな会社や事業者でも
売上や利益は増やそう
するはずです。

同じように
預金残高を意識して
増やそうとしてみては
いかがでしょうか。

経営する上での
安心感と時間、
作りませんか。

【編集後記】

昨日からある本を
読み始めたのですが、
その本のキーワードも
預金残高でした。

こちらの本は
しっかり読み込んで、
実践して、
サービスとして
提供できるように
準備していこうと思います^^

【昨日の1日1新】
・iPhone8plusの設定(自分のではない)

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村