水族館か水族園か。セルフイメージを明らかにすること。

セルフイメージは重要ですよ。

20170101

須磨海浜水族「園」に行ってきました

年末、水族館好きな長男の
リクエストに応えて「スマスイ」
に行ってきました。

「スマスイ」とは
神戸市立須磨海浜水族園
という水族館のこと。

長男はあくまで
「水族館に行きたい!」という
リクエストだったのですが、
その数日前に
京都水族館にも行ったばかりなので
大人の判断で
「スマスイ」に行くことにしました。

で、この「スマスイ」、
水族「館」じゃなく、
水族「園」だったんですね。

確かに、よくある水族館とは違い、
展示施設の1つ1つが独立していて
自由に出入りもできて、
園内も公園のように散歩しながら
移動したりとのんびりできる
水族「園」でしたね。

セルフイメージを明らかにすること

「水族館」ではなく「水族園」

スマスイも
もともとは「須磨水族館」
という名前だったそうです。

1987年のリニューアルにより
「須磨海浜水族園」として
開園されました。

なぜ、水族館ではなく
水族園とされたのか。
スマスイのHPにこういった
記載がありました。

自然環境の中で水族たちがどのように生きているのかを理解していただけるよう”生きざま展示”を基本的なコンセプトとしています。また各施設をそれぞれ独 立させることにより、好きな展示館に自由に出入りしたり、時には自然の緑の中で憩いを感じたりと、「館」ではなく「公”園”」感覚でお楽しみいただけるよ うなつくりになっています。

つまり、
水族館の「館」としてではなく
「公”園”」としてセルフイメージを
再構築されたとうことですよね。

セルフイメージとは、
自分自身やその会社ならではの
肩書きのことです。

「スマスイ」の場合であれば、
独立した展示館を自由に出入りしたり
自然の緑で憩いを感じていただくことで
公園感覚で楽しんでもらうこと、
このミッションを実行するために
水族園としてのセルフイメージを
掲げているんだと思います。

自分自身や自社が何者であるのか、
セルフイメージを明らかにすることで
何を大切に、何をするのか
行動も明確になりますよね。

私自身もこのセルフイメージを
見直したことで行動が変わりました。

中小企業の経営者のパートナーとして、
経営者とともにあり方の言語化や
お金の計画づくりを行い、
経営の合理化や従業員さんとの
関わりを通じて本業の発展に貢献すること。

こう決めてからはスッキリしましたね。

会計や税務だけでの貢献ではなく、
お客様がお困りのことがあれば、
その課題を明確するサポートをしたり、
その課題解決に向けて、
別の専門家を紹介したりと
行動が変わってきました。

まとめ

自分自身や自社の
セルフイメージは
どんなものがありますか。

セルフイメージを明らかにすることで
使命感を持って取り組むミッションや
将来、実現したいビジョン、
それに向かう行動まで
決まってきますよ。

【編集後記】

あけましておめでとうございます。

今年も毎日更新により
日々発信していきますので
本年もよろしくお願いいたします!

【昨日の1日1新】

・SugarSyncアプリ

【昨日の1日1捨】

・履かなくなった靴下

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村>