確定申告を積極的に受けないわけ。安定したサービスを目指す。

確定申告シーズンですが出張に行ってきます。

20180224

確定申告シーズンといいながら

確定申告シーズンの
真っ只中ですね。

とは言いながらも
会社や個人事業主の方の
1月のふり返りの打ち合わせ、
個別相談を受けたり、
係わっているプロジェクトの
ミーティングに参加したり。

確定申告以外のことでも
いろいろと動いています。

確定申告自体の仕事の
ボリュームが多いわけじゃ
ないと思いますけど、
通常の業務に確定申告が
加わるので
ちょっとスケジュールが
キツくなっています・・・(^^;

自分のスケジュールの組み方で
生まれた結果なので、
「忙しい」とは
言わないようにしていますが(^^;

確定申告を積極的に受けないわけ

税理士事務所の仕事で
売上を増やそうと
思ったときに
できることの1つは
個人の確定申告業務を
受注することです。

今年だけという
割り切りだったり
期限が迫っているから
税理士事務所をいろいろを
調べることなく、
依頼するにいたった。

ということも
少なくないでしょう。

確定申告を誰かに
やってもらいたい、
そんなニーズは
まだまだ少なくないので
確定申告を受け付けています!
と発信することで
仕事も増えることでしょう。

でも、
サービスを提供する側から考えると
この時期だけ発生する
確定申告の仕事を受ける
ということは、
その分、他の仕事の時間を
削らないといけない
ことになります。

毎月訪問しているお客様の会社が
あったとしても
この時期だけは訪問を
飛ばしてください、
なんてことをお願いせざるを
得なくなることも
あるかもしれません。

お客様が気を遣ってくださって
急ぎじゃないから問い合わせは
3月末まで待つようにしよう、
相談を控える。

なんてことも起きてしまい
かねません。

相談して頂く際や
お仕事のご依頼を頂く際、
この時期だから忙しいですよね、
なんて言われると
申し訳なくなりますし、
そう感じて頂かなくて
済むようしたい。

確定申告を積極的に受けない
ようにするのもそのためです。

安定したサービスを目指す

確定申告を積極的に受けないことで
2月や3月でも安定してサービスを
提供できるようにしたいと
考えています。

今は多少、
予定が詰まったりしているので
まだまだ改善の余地がありますが。

繁忙期と言われる時期に
どんな対応を取るのか、
お客様の迷惑にならないように
するにはどうすればいいか。

これって何も税理士業界に
限った話じゃないですよね。

単純に人を雇ってという話ではなく、
どんな仕事を受けるか、
仕組みで解決できることはないか
を考えたいものです。

繁忙期に無理せず
仕事を取らなくても済むように
1年間の利益を見通せるように
しておくことも必要ですね。

【編集後記】

昨日は確定申告の仕事をしながら
午後は経営のご相談の対応でした。

当初、ご相談頂いた内容とは
違う方向になりましたが、
半年間の継続的なサポートを
ご依頼頂きました^^

しっかり結果が出るように
頑張らないといけませんね。

【昨日の1日1新】

・金融機関でのとある手続

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村