想いがあればネーミングも変わる。京阪電車ファミリーレールフェア。

想いがあればネーミングも変わる。京阪電車ファミリーレールフェア。

20171016_1

京阪電車ファミリーレールフェアに行ってきました

昨日は息子2人を連れて3人で
京阪電車の寝屋川車両基地で
開催されたファミリーレールフェア
に参加してきました。

あいにくの雨のということもあり
いくつかのイベントは中止に
なっていましたが、
鉄道好きの息子2人にとっては
たまらないイベントだった
ようです。

車両工場の中で
つり上げられる車両を見たり。

20171016_2

電車の中に入って
洗車の体験をしたり。

20171016_3

電車と綱引きするイベントは
残念ながら中止になっていましたが。

20171016_4

来年もまた来たいと思える
いいイベントでした。

10月11月の鉄道イベントは要チェック

先週末の土曜日、10月14日が
鉄道の日だったこともあり、
京阪以外でも全国の鉄道会社で
車両基地の公開イベントが
行われたようです。

先週末に限らず、10月11月に
イベントを行う鉄道会社も多く、
この時期のイベントは
要チェックですね。

関西で言うと、
阪急や近鉄のイベントはまだ
これからのようです。
※阪急は事前申し込みが必要

想いがあればネーミングも変わる

で、他社のイベントで
行けるところがないかを
調べていたときに気付いた
ことがあります。

多くの鉄道会社のイベントの名前が

「○○フェスティバル」

「○○鉄道まつり」

なのに比べて

京阪のイベントが

「ファミリー レールフェア」

になっているんです。

実際に京阪のHPのニュースリリースでも

「本イベントは、沿線のお住まいの家族連れの方に楽しんでいただくとともに、・・・」

と書いてあります。

他の鉄道会社のイベントには
まだ参加したことはありませんので
イベントの内容自体や
スタッフの方の姿勢の違い、
なんかは分かりませんが。

少なくとも京阪電車が

「家族連れに体してイベントを楽しんでもらおう」

という想いを持っていることは
分かりますよね。

昨日のイベントでも
洗車体験のところでは、
お客さんの電車の乗り降りを助けるため
多くの社員さんが雨に濡れながら待機して、
途中で何度も手を振ってくれたり。

20171016_5

家族連れがお弁当などを食べるために
車両の中を休憩室として解放したり。

毎年「きかんしゃトーマス号」を
走らせていることも
家族連れを楽しませる一環ですよね。

20171016_6

まとめ

どんな想いを持っているかで
ネーミングも変わります。

さらに、
ネーミングによって
想いや行動も変わります。

「ファミリー」
を付けるからこそ
家族連れや子供が楽しめる
イベントの色が強くなり
社員さんのファミリーへの
配慮も高まりますよね。

商品やサービスだけでなく
イベントや行動など、
どんなネーミングを付けるか
こだわっていきたいです。

【編集後記】

京阪電車ファミリーレールフェア
では運転台や車掌台の体験がとても人気で
整理券を受け取った人しか
体験できないイベントでした。

昨日は整理券をゲットできず
長男も残念がっていたので、
来年はリベンジしないと
いけませんね(^^;

【昨日の1日1新】
・京阪ファミリーレールウェイフェア
・京阪の車両工場の中に入る
・京阪びわこ号
・電車の洗車体験
・つり革を買う

【昨日の1日1捨】
・不要なメルマガの配信停止

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
http://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村