30年一括契約。その後は。契約の出口を確認する。

今だけじゃなく将来のイメージ。

20180620

30年一括借り上げは安心か

賃貸マンションなどの
不動産賃貸事業で
こんな契約をされている
方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。

30年一括借り上げ契約

賃貸マンションの各部屋を
入居者と個別に契約するのではなく、
マンションを建設した会社などに
一棟そのまま一括で借りてもらう、
という契約です。

しかも、
契約期間は30年といった長期間
とすることにより、
空室リスクを防いで
安定して家賃が入ってくる
契約になっていることが多いです。

30年間、家賃がずっと入ってくる
ことは確かに安心ですよね。

ただ、同じ家賃が30年間
入ってくるかというと
そうとは限りませんし、
空室が多ければ減額されて
しまう可能性もあります。

30年一括借り上げだからといって
安心とは言えないですよね。

契約の出口を確認する

賃貸マンションの
30年一括借り上げ。

30年間、
家賃が入ってくることは
安心ですけど、
家賃が減額されたりする
リスクはあるわけなので、
そのリスクを認識しておく
必要がありますよね。

さらに重要なことは、
30年一括借り上げが
終わった後のこと。

30年の契約期間が
終わった後のことは
イメージできているでしょうか。

入居者は誰がどのように募集して、
家賃はどのようにして管理するか、
マンションの修繕計画はどうやって立てて、
30年後以降の修繕に向けて
資金はどう貯めておくのか。

考えるときりがないほど
考えておかないといけないこと
がありますよね。

30年後の契約の出口で
何をしないといけないか、
30年後に向けて、
今から何をしないといけないか
を考えておかないといけません。

入口より出口に注目する

何かの契約を結ぶときには
その出口をよく確認しましょう。

出口とは、

契約期間が終わったらどうなるか?

途中解約をしたらどうなるか?

です。

契約を勧める側としては
いかに契約してもらうかを
考えるでしょうから、
契約の出口のことよりも
契約の入口、今すぐのメリットなどの
説明に終始しがちです。

だからこそ
入口ではなく出口
に注目しないといけませんね。

【編集後記】

今、事業で使っている預金口座
の見直しを行っています。

同じネットバンキングでも
ネット専用銀行を活用することで
振込手数料の削減ができたりするので、
口座の使い分けが大切ですね。

売上入金口座、
経費支払い口座、
利益口座、
税金用口座

など用途別での
口座の使い分けを
進めていきます。

【昨日の1日1新】

・NSS口座変更届

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村