発生してからよりも予防すること。予防を提案する価値。

予防ができていると安心です。

20180412

ある自転車屋さんで感じたこと

先日、自転車に付ける
ベルとライトを買おうと
ある自転車屋さんに
入ったときのこと。

店員さんにベルとライトの
売り場を案内してもらって、
あと泥よけなんかも着ける
ことになったので、
サービスでその場で全て
取り付けもらえることに。

しばらくして、
取り付けも完了して
代金の支払いをして
いざ帰ろうとしたところ。

20180412_2

ブレーキのワイヤーが
むき出しになっていました。。

店員さんに確認してみました、

「これって修理した方がいいですよね?」

「そうですね〜」

「ちなみに修理するといくらくらい掛かりますか?」

「2,000円ぐらいです」

「今日は予定があるので改めます・・・」

とその場を後にしたのですが、
ライトなどを取り付けるときに
一言声を掛けてもらえれば、
一緒に修理したのになぁ、と。

お店としても
売上になったはず
なんですけどね・・・。

発生してからよりも予防すること

発生してからよりも予防すること

もし、こんなことを
より意識していれば
さっきの自転車屋さんの
ケースも変わったと思います。

ベルやライトの取り付けであっても
簡単に自転車の点検をして、
悪いところがあればお客さんに
伝えよう。

事故が発生しないように
予防してもらい、
安全に自転車に乗って
もらうことが何より大切。

しかも
修理の依頼があれば
お店の利益にもつながる。

そんな流れになっていたかも
しれませんよね。

しかも、
お客さんの立場からすると、
ベルとライトを購入しただけ
だけど、
自転車のことをしっかり見てくれる、
そんなお店に対する信頼感が生まれ、
ファンになるかもしれません。

発生したことに対処する

それとも

発生することよりも予防することに対処する

どちらのスタンスを取るかで
できることも大きく変わりますよね。

「問題が起きたときに考えたらええやん」

楽観的に考える方も
少なくありませんが、
問題が起きてからだと

「やっておけばよかった」

となることも少なくありません。

予防を提案する価値

予防することは、
まだ問題が起きてないことに
対処するので、
その価値は分かりづらかったり
しますよね。

苦しみや痛みを感じる前に
対応しちゃうわけですから。

一方で
問題が発生したときに
その対処することの価値は
分かりやすいです。

問題が起きて
どれだけ困ったのか、
どんな金額の損が発生したのか、
目に見えて分かります。

だからこそ、
予防を提案することの
価値が生まれますよね。

気付かないことに
気付いてもらうことです。

例えば、税理士であれば

資金繰りに困ることのないように

・将来のお金の状況まで踏まえた計画を作る
(キャッシュフローの計画作り)

・思わぬ税金が発生しないように事前に予測し、必要な対策を打つ

・新規出店時や人を採用する前に計画を見直す

といったことが
できますよね。

お金がなくなって、
金融機関などからお金を借りる
こともできなくなれば
倒産です。

そうならないために
予防を提案し、
予防すること。

その価値って高いですか?
それとも低いですか?

【編集後記】

自転車のブレーキで
問題が起きないよう
早く修理しないと
といけませんね(^^;

店員さんに気づいてもらう前に
自分で気付かないと
という話しでしたね(^^;

今日はこれから東京で
打ち合わせと研修です。

息子たちには
新幹線見れていいな〜、
と言われながら出発
してきました^^

【昨日の1日1新】

・初めて利用するワイヤレスイヤホン
・ワンタッチで着ける自転車の泥よけ

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村